ホームページやSNSで顧客増をお考えの企業様へ、ここから初めてみませんか

ホームページからも受注が来る。SNSからも問い合わせが入る。

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「ホームページがある。
SNSも使っている。
でも、そこから受注はない。」

そんな時、自社の事業が大事だから、とWeb関係のことを後回しにしていませんか。

関連記事;SNSの情報発信だけではなく、受注が取れるマーケティング活動を

自社の事業を動かしつつ、ホームページもSNSも動かして新規を獲得する時には大きな課題があります。
「時間がない!」
です。

「情報発信は、更新が重要だが文章は作れないし、PCに向き合う時間がない。」
この大きな「時間」との戦いが出てきます。

『この時間との戦いに勝つことができれば、きっとホームページからも受注が来る。
SNSからも問い合わせが入る。』
そんなイメージをお持ちの代表がいらっしゃると思います。

とにかく、時間がないわけです。
そこで、企業の顧客増につながるマーケティング活動は「時間がない」と言う理由で後回しにされたり、忘れられることが多いのです。
と言うことは、忘れられないように仕掛けをつくる=戦略をつくる、とよいことになります。
また「時間がないのは、他も一緒、、、」と感じている代表もいます。

ホームページからも受注が来る。SNSからも問い合わせが入る。

と言うことで、時間をクリアする必要があります。
時間の壁を超えるには、マーケティング戦略が一番です。
マーケティングを戦略にすると2つのことが企業内に構築されます。
・手順、プログラム、仕掛けができる
・負担が大きかった1人だけの作業から解放される

ホームページからの顧客増に重要なのは、今あるホームページとSNSを使うことです。
そして今のホームページとSNSの作業手順を整えること、ココが戦略となります。
手順表はExcelで作成しましょう。
そして社員を分担して、チームをで動かします。
チームで動かす時に重要なことが、道具です。
道具が一つあると便利です。
今まで代表が、社員に「情報アップしてみて」とマルなげしていたホームページの文章作成から解放されます。

おススメの道具は、パットです。
スマホじゃなくて、パット。
PCなら机に向かわなくてはいけない、スマホだと誰か個人の所有物のイメージがある。
そこで、企業のものであり、スマホのようにすぐに入力がしやすいパットが便利。
文字も大きく、アプリ以外は苦手と言う社員さんにも全体像が見えやすく使い勝手がいいです。
中には、携帯電話はガラ携でパットで資料を見せる、なんて方法で活動している代表もいます。

道具と共に、チームを作ります。
その時、営業がうまい人ではなく、すぐにメモをして、動ける人を中心にチーム構成をします。
ブログチーム、SNSチームなどを作り、代表も入り+2名の更新するメンバーで構成します。
もしも、スタッフが10名以下の会社さんなら、全員でローテーションを作りましょう。

関連記事;スピードの時代、すぐにマーケテイング活動をスタートしたい企業様へ

ホームページから顧客層を狙うマーケティング戦略は、リサーチから販促活動、SNS活動、展示会など出展情報、データ活用、次回企画の案内誘導・・・・などやるべき項目がたくさんあります。
・たった一人で動かないこと
・チームで「これは戦略だ」と言ってしまうこと
が大切です。
関わっている社員が多いほど、顧客の企業に対するイメージはよくなります。
また、企業の製品情報も受け取られやすくなります。

 


自社製品やサービス認知度が増していけば、ビジネスが広がっていき、次の展開に向かうことができます。
WebサイトのコンテンツやSNSを、自社を知ってもらうための一番のコミュニケーションツールとして活用してみませんか。
様々な場面で活用できるSNSコンテンツの企画・文章作成・戦略サポートをいたします。

samanthaheart.content-marketing

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 「戦術より戦略派」が増えている理由

  2. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  3. 製品の良さとその製品を扱っている企業を認識してもらうため

    新製品立ち上げ時の、BtoB企業の製品コンセプト作り方

  4. 提案ができれば下請けではない商売ができるため企業にとっては仕組みをつくりたい

    提案営業に移行したいと検討中の企業がまず確認すること

  5. 製品やサービスなど特定の販売したいモノやコトを売りたい!と計画をしている

    自社事業に力を注いでいることを相手に実感してもらう方法

  6. 似ているからこそ比較対象のコンテンツは作りやすくなる

    どれだけ「他社との違う会社だ」と表現する方法

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ