スピードの時代、すぐにマーケテイング活動をスタートしたい企業様へ

製品ではなく企業自体のコンセプトを打ち出すことも可能

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

この時代に「すぐ決断、すぐ実行」で伸びている市場にチャンスを見出すことは、
マーケティングの基本ですよね。

企業代表の中にはTVCMなどご覧になる方もいらっしゃるでしょうか。
ちなみに、私はコンセプトが見えるCMを見つけるとワクワクしてくるので、
TVCMはよく見ます。
そこで最近気になっているのが、AOKIの女性ビジネスファッションのCMです。
そこでは女性6名がビジネススタイルでダンスしています。
チェックポイントは、スーツで動きやすいことだと感じました。
今の働く女性のカテゴリーは20代後半から40代と幅広くなっていますが、
動きやすいスーツを必要としているのは30代以降、
もしかすると役職のついた40代ではないでしょうか。
その女性たちへ、体系の変化も気にしながら動きやすさと似合うを兼ね備えたスーツ、
というコンセプトをCMで表現しているのではないかと感じています。

単にコンセプトが大切だと伝えたかったのですが、
集客に必要なのは「コンセプト」であることは間違いありません。
基本コンセプトは製品を中心として考えていきます。
事例としては、AOKIのようにスーツという製品のコンセプトを
明確にして打ち出すイメージです。

また、製品ではなく企業自体のコンセプトを打ち出すことも可能です。
BtoB企業の場合、コンセプトはまず製品の底辺にある技術力をコンセプトとして
打ち出すのがマーケテイング活動をスタートしやすい点はあります。
技術がこういうものだから製品としてこれができる、あれもできる、と
伝えることが増えていくからです。

関連記事;顧客の意思決定基準のとらえ方

余談ですが、それは自社サイトのページ数を増やすことにもつながります。
そしてできる技術を伝えるだけではなく、顧客のニーズに合わせることが
できることも特徴として打ち出すことも可能です。
数年先の事業の発展をめざすなら、業態として捉え、技術をオリジナル工法として
体系化し、さらに一歩進め、より一層様々な技術を複合的に提供できる業態と
販売促進を進めることもできます。

なんだか、こうやって文字にしていくだけで事業展開が広がり、
新しい製品の受注が生まれる姿を勝手に想像できますね。

製品ではなく企業自体のコンセプトを打ち出すことも可能

ということで、戦術の手法が集客のポイントであるからこそ、
コンセプトを先に固めるお話をさせていただきました。
ここ数年、WEBマーケティングの台頭で、発注前に企業を調査し、
他の見方や方向性もまとめてから、という感覚が顧客の頭の中にあります。
BtoB企業の場合は、顧客からの問い合わせからニーズを引き出し
相手に合わせて「技術を売る」だけではなかなか差別化ができません。

そこで、顧客に向けて仕掛けをしていくことで、
新しい技術の提供スタイルを作ることが必要になります。
それは弊社ではモノの戦略からコトの戦略ととらえていて、
わかりやすいコンセプトを構築できるようにマーケテイング活動をご提案しています。

サマンサハートでは、リサーチから企画立案の仕組み化するマーケテイング活動を
構築する企業のお悩みにお答えしています。
「企画マーケティング塾」の「コンセプト設計」の事例を掲載しておりますので、
ご興味のある方はぜひ資料をご入手くださいませ。

「企画マーケティング塾のマーケティングコンセプト設計」ダウンロード資料

 

 

 

 

***********************************************

 

当社の新型コロナウイルス対策は以下をご覧ください

***********************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を受け取る

    中小企業がリサーチを行うメリットとデメリット

  2. 新しい戦略を立てている企業は、ぜひマーケティングがしっかり組み込まれた戦略を中心に実践を行っていくこととなる

    今のまま進むとなると戦略を立てるのが難しくなる

  3. 研修の実践を繰り返し行い、事業のスピードアップが図れるというメリット

    デメリットな社内研修が意味のある研修に変わったワケ

  4. 実践され仕組み化され結果が出せる方法を受け取る講座への出席

    チャンスをつかむ人、気づけない人

  5. 展示会では、展示ディスプレイと共に重要なのが、チラシ

    ビッグサイトの展示会サポートに行ってきました

  6. どうやったらインターンシップ生を受け入れている企業として認知されるか

    インターンシップの集客

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ