顧客になってほしい会社との関係の進め方について

その会社とどんな関係になりたいか?をイメージしてマーケティングが進行していく

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

ブログのサイドバーにある【マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ】。
ダウンロードページを更新しました。
ぜひ、ご活用ください。
https://samanthaheart.com/about_download/

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】


こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

ところで、もしあなたがセールスマンだとして、売りたい会社を見つけたとき、
その会社とどんな関係になりたいか?をイメージして、マーケティングが進行していく。

その進行のSTARTには「仲良くなりたい」がある。
仲良くなっていれば、理解が深まるからその後の商談はとてもやりやすくなる!です。

ということは、マーケティング活動の初めは「仲良くなる」とテーマを持ってくるのはありだ。
最終的に納品を考えるなら、サイト閲覧=納品ではなく、
サイト閲覧→関係を作る→仲良くなる→問い合わせ→納品。

納品を考えた新製品なら、賢く段階を踏むのが一番の近道です。
その仲良くなるPOINTとして
・自社が取引している取引先の商品やサービスの購入時の記憶を確認
・なぜその取引先から買ったのか?を確認
することなのですが、ほぼ「好意があったから」が確認すると出てくるポイントです。

その会社とどんな関係になりたいか?をイメージしてマーケティングが進行していく

では、買ってほしい企業に好意を持ってもらうには、どうすればいいでしょう?

まず、サイトの見た目を改善する!です。
新規を獲得する、受注を受けたい企業があるなら、見た目を良くする。
・ペパーアイテムのパンフレット
・Webのホームページ
を良くするコトとなります。

企業が資料のダウンロードページを作るのは、そういうことと心得ています。

 


サマンサハートでは、事業構築時における「見逃しがちな自社の強み」を具体化し、
補助金申請のための販売促進を含む戦略をご提案しています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. この購入の選択は正しかったと成果につなげたい

    BtoB企業がテレビCMをしないなら何をするのか

  2. 見やすさや声のかけやすさを向上させるブースの配置や方法

    立ち寄って話したくなるブースとは何か、考えてみよう

  3. アプローチする顧客層をおおきく変える

    ブランドが売れていないだろうなと感じる時

  4. 新規であってもリピーターであっても継続的に集客をしていく

    イベントで集客ができない企業の、調査ミスについて

  5. プロダクトアウトからマーケットインの考えに移行してもらい価格の打開策案を出す

    製品やサービス&価格決定後に、いまさらながらマーケティングプランに悩ん…

  6. 戦略が見える、ビジネスモデルが描かれている事業計画書

    必要とされるのは戦略が組み込まれた事業計画

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ