○○を使うことで「顧客の求める成果を見せる」戦略

あなたの会社に認知から関心を持つようにワードを使ってキャッチコピーをパワーアップさせていく

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

製造業やメーカーが、売り込もうとして露骨に自社製品を紹介する姿勢は重要ですが、それだけで受注に至るとは限りません。
受注に至るまでのステップはありますが、やはり戦略を構築し、顧客に対応することが重要です。

あなたの会社に認知から関心を持つようにワードを使ってキャッチコピーをパワーアップさせていく

その一つの戦略として「事例戦略」があります。

顧客が欲しいのは成果です。
事前に成功すると理解できるなら、受注まではスムーズとなります。

マーケティングでは見込みの顧客を集客するときと「欲しい!」と思わせるとき、
さらには受注に促される時では、戦略立案はそれぞれ変わってきます。
特に見込み客を集客する時は、あまり売込みにならない程度にさりげなくアピールするのがポイントとなります。
ですが、自社の強みや特性の紹介は必要です。

具体的な方法としては、事例戦略を取ることができます。

その際には、企業の事例の紹介をコンパクトにまとめたキャッチコピーが、大切です。
知らない会社の知る際に、顧客が欲しかったキーワードを盛り込んだ情報ページは、
立ち寄りやすく、また最後までそのページを持てもらいやすいからです。

企業のキャッチコピーは顧客に合わせ、また年間の計画に合わせ、変更していますか?

ここでは、顧客が「こんな会社があるのか・・・」と認知の状況を作ることを戦略とします。
なので知らなかったという顧客が、企業に認知から関心を持つようにワードを使って
キャッチコピーをパワーアップさせていきます。

これによって、見たいページになってブックマークされたり、URLを保存してくれることとなります。

サイトの1ページを保存してくれるとなると、そこで企業の社内は記憶に残ります。

特にキャッチコピーの印象はそのまま残る場合が多いです。
できるだけイメージに訴えかけるキーワードを考えます。
ただし、1回でベストなキーワードを設定するのではなく、
自社でサイトの動かしている企業は随時ブラッシュアップすることをお勧めします。
そのブラッシュアップの際に活用できるのが工場見学の企画や展示会企画となるわけです。
企業のいくつもの強みの中からその時期や欲しいターゲットに合わせたキーワードを作っていくことができるからです。
企業のキーワードは製品や技術に合わせていくつも構築する必要があるのです。
その視点と同じく、事例にもその事例を表現する効果的なキャッチコピーが存在するわけです。
そのキャッチコピーは顧客の求める成果にもつながります。

ということで、集客につながる効果的なマーケティング活動として技術や製品ごとにキャッチコピーを作り、
企画で顧客にアピールできます!!

マーケティング戦略の事例を紹介するとき、キャッチコピーを使うといいよ!と話をしてきましたが、
戦略的におこなうか否かで成果が大きく変わってきます。

ぜひ、事例を活用して集客に役立ててください。

 

*****************************************

事例を見ながら、自社の戦略を立案できる勉強会「企画マーケティング塾」。
戦略の事例や実際の企画書の字れを見ながら、自社の戦略を構築することができます。

 

"</p

 

関連記事

  1. 会議でのコミュニケーションって、当たり前じゃないかと思われがちですが、 意外と社内、社員間の改革のpoint

    書く社内コミュニケーション戦略

  2. 製品やサービスなど特定の販売したいモノやコトを売りたい!と計画をしている

    自社事業に力を注いでいることを相手に実感してもらう方法

  3. 集客を可能にする中小企業の広報担当の仕事

  4. 製品の良さとその製品を扱っている企業を認識してもらうため

    新製品立ち上げ時の、BtoB企業の製品コンセプト作り方

  5. 形が決まっていないのがマーケティングプラン

  6. マーケティングプロジェクトで2つの必要なチェックをご紹介

    BtoB企業のプロジェクトマーケティングで必要なチェックはこの2つだけ…

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ