企業の商談発生件数を増加させるリサーチについて

製造業は新製品を生み出すイズムが社内にある

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「今の時代、製品の量が顧客を獲得できる!」
そんな話を聞きました。
改革や、改正、減少など、キーワードを見るだけで気持ちも沈んでしまいそうなときに
マーケティング的な気分をワクワクさせてくれる話です。

その話とは先日、製造メーカーA社様との新しい戦略についてのお話です。
A社様も大きな転換期をむかえてる会社様ですが、
先日、自社のSWOT分析を行い自社の強みを明確にし、これからの戦略を立案したところです。

製品力のある企業は、営業力が高いと感じます。
売るものがあるから、提案が早いところです。
さらに製品数が多い企業は、提案件数も多くなります。
なので、製造業は新製品を生み出すイズムが社内にあるんだと思います。

関連記事;マーケティング部と営業部の違いとは

そして、A社様も製品力は高く企業様の一社。
今回の戦略では、その製品数の多さを強みにした展開を行うこととしました。
その際の展開のデータをそろえる方法として、
製品それぞれの魅力をアプトプットし企画に起こしていくこととしました。
その際に製品それぞれの評価を行うため下記のチェック表を使いました。

『製品力チェック表事例』
ダウンロード資料

※連絡先情報の登録なしで資料がダウンロードできます。
PDF資料が表記されましたらダウンロードをお願いします。

 

 

このリサーチ活動により、製品ごとのコンテンツが生まれ
詳細な企画ができ上がっていったのです。

関連記事;製造業の販売促進・マーケティングの新たな視点

ここ最近はネットへの対応に伴う「コンテンツ化」が
早急に解決すべき課題として出されます。

製造業は新製品を生み出すイズムが社内にある

けれど
・何から始めればいいか?
どうしたらうまくいくか?
など頭を悩ませている企業も多いのではないでしょうか。
そんな企業の事業構築のヒントを生み出すリサーチは
これからますます裏付けとして重要となります。

商談発生件数を増加させるには自社の製品のリサーチをし、分析を行うことが
一番企画が立ち上がりやすくなります。

 

****************************************

自社分析の裏付けとなる顧客へのアンケート実施とそのサポートを行っています。

BtoB 企業の関係であっても重要となるアンケート。
顧客向けアンケートの作成から、集計まで行います。

 

 

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 提案書を持っていくことにより顧客からは意見や情報を収集しやすい

    新事業を成功させるための準備段階における無駄のない方法

  2. スタッフは自分が勤めている会社のことは知りたい

    当社の事業計画発表はオブザーバー付き!

  3. 企画を立案するポジションにいる方は、リサーチ量が多い方が新しい企画を立案するのに有利

    アイデアの集め方と企画にする方法【企画立案者向け】

  4. 経営者をやりながら、営業のトップを走っている人という印象がとても強い

    最近出会った「引退」という引き際

  5. 業者に頼む前に事前の準備を行おう

    展示会場ブース作りの進め方

  6. 顧客に全力で向くことができるのは社内での情報共有があってこそ

    その戦略が社内で信用をされ、スムーズに進む“不可欠”な仕組み

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ