マーケティング部と営業部の違いとは

企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業様にご愛顧いただいている、当社のマーケティングサービスをリニューアルしました!
今まで以上に、より実践に近いマーケティングノウハウを企業にお届けするためです。
今回のリニューアルは、昨年当社のミッションが明確になったあたりから、
サービスに改善を加えていった結果でもあります。
<サマンサハートのミッションについては、こちらから

サービスのリニューアルにあたり、深く考えたことがあります。
それは、企業が持つ「マーケティング部」と「営業部」の役割は具体的に何がどう違うか、という点です。

ちなみに、当社からクライアント様には「マーケティング」と「営業」の違いを次のようにお伝えしています。
・マーケティング:製品やサービスが売れるため&継続的に売れていくための仕組みを構築する
・営業:顧客に製品やサービスを理解してもらい売る活動

企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

数年前からサマンサハートでは、『企業にマーケティング部の開設を』とお伝えしています。
(もちろんただ開設するのではなく、マーケティングを戦略的に行う機能を社内に持ってもらいたいということです)
先日も、年々事業が拡大しているクライアント様にマーケティング部を社内で開設することをご提案しました。
その際には、具体的に人員配置までご相談を頂いたので、
これから先マーケティング部開設へ“コト”がどんどんと進むのだと思います。

大企業のマーケティング部門の場合は、
営業部門や販売部門が活動しやすいように、ベースとなる顧客の流れを作ったり、
見込み客拡大に繋がるリサーチや企画を動かすことがマーケティング部の一般的業務です。
しかし当社とお付き合い頂く企業様は、中小企業(5人以上50人以下規模の企業様)が多く、
マーケティング部門を持たず、企業の代表者や営業マンの皆様がマーケティングのような業務を
通常の営業活動と合わせて行っている場合がほとんどです。
要は、潜在的顧客の掘り起こしも、新規客に出会う活動も、顧客に対してクロージングする活動も
すべて営業マンが行っていた、ということです。

今までの営業マンは、自社製品を売り込む本人の営業力にかかっていることが多く、
自社製品の価値をすべて知っていてどれだけ上手く提案にできるかが必要でした。
要は、製品のすべてを知っていて営業スキルのある人だけが売れる、ということが事実ありました。
すると営業部の従業員が必要とされる能力や資質は、とても高いものを要求されます。

反対に、これからの中小企業は
多様性を持ったニーズの違う顧客に対して同一製品を販売していくため、
マーケットを自社で絞り込んだり、細かな顧客心理を理解して活動する場面が増えていきます。
実はこのマーケットを読み取ったり顧客心理を理解することは、
マーケティング部が担うことができるのです。

これからはマーケティング部で必要とされる能力や資質を理解し、
社内で活動する部門を分けることで、効率的に営業活動や提案活動ができるようになり、
結果的に成約への確立を大幅に上げることができるのです。

当社からクライアント様にご案内している、マーケティング部で必要とされる能力や資質とは、
1、顧客の購入までの気持ちや感性を理解する
2、新規顧客につながる見込み客獲得までの企画とその仮説を構築する
3、企業独自の戦略を持つ
の3つです。

この3つを企業が持ち、成果に結びつけるためには、
企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つのが一番だと考えています。
企業独自の戦略を持てるというのは、他社と比較されないブランド構築にも繋がります。

サマンサハートからは、
今の時代に自社に売れる仕組みを落としこむマーケティング活動について、
無料で「ご説明」や、有料で「体験版」を実施(セミナー形式のプログラムを体験)しています。
一度、体験してみませんか。

▼マーケティングの一連の流れを「体験版」で社内実施できます。詳しくはこちら▼

 

***【今月開催セミナーのご案内】**************************

自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー

すぐ実践でき、成果に繋がる!HPのアクセス数や売上を増やす広報の工夫とポイント>
自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー ~3月11日開催~

 

***▼マーケティングの「?」を解決!▼***********************

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

 

関連記事

  1. 似ているからこそ比較対象のコンテンツは作りやすくなる

    どれだけ「他社との違う会社だ」と表現する方法

  2. プロデュースした集客企画事例

    人が集まる商品やサービスを創るには?

  3. 事業発展とスケジュールの関係

  4. 卸売業にとっての顧客増となる「マーケティング力」とは?

  5. マーケティングプロセス、活用の秘訣

  6. 進化が早いマーケティングを上手に活用するコツ

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ