自社製品をNo.1にするマーティング手法

samanthaheart.contents-research-analysis

新製品販売や既存製品の市場拡大を考えている製品はありますか?
あったなら、ナンバーワンを狙ってみませんか。
獲得したい分野は別にして・・・

ナンバーワンは魔力を持っているといっても過言ではないと思います。
製品がナンバーワンになれば、そのパワーは限りなく大きいからです。
ナンバーワンのポジションを狙わなければ、市場から無視されてしまうこともあります。

会社内を事例として見るなら、部長が企画の権限を持っている、または代表が会社全体の権限を持っている、という点はナンバーワンと同様の視点がそこに存在すると言えます。


※このブログでは【No.1製品を創り育てるマーケティング分析方法資料を無料でダウンロードできます!!※


 ナンバーワンの土壌をチェックする視点、その1

マーケティングなら製品をナンバーワンにすることができます。
なので、製品がナンバーワンの土壌を持っているかチェックもマーケティングで行うことができます。
代表の趣味で製品を作った場合は売れるかどうかを判断できない場合は、マーケティングの入る余地はありません。
ではなく製品が市場に落とし込まれるかどうかは、製品がナンバーワンの土壌を持っているかを確認することとなり、実行の判断となります。

そこで、製品がナンバーワンの土壌を持っているかマーケティングでチェックすることとなります。
今回のチェックする内容は、マーケティングでは調査分析の分野です。
例えば、自社製品Aであれば、
1、この製品の特徴は何か
2、この製品の特徴は他よりも優れているか
3、その優れた特徴は市場に知られているか
4、その優れた特徴は市場に受け入れられているか
5、この製品の特徴は購買要因になっているか
が、チェック項目となります。

上記分析では、競合他社と比較して優位に立っている状況を常に作り続けることとなります。
それは試作品をつくる理由にもなります。
ナンバーワンをつくる分析では、想像力もプラスされていきます。

samanthaheart.contents-research-analysis

 ナンバーワンの土壌をチェックの視点、その2

また、製品が業界だけではなく、社会的視点での分析も必要です。
1、地域を限定して、シェアを押さえているか
2、社員と資金の投下を行うべきかどうか
3、短期集中で戦略を実行できるか
4、成果を出して、他地域に展開を広げる新たな戦略を打ち出せるか
が、分析の項目としてリスト化されます。

土壌を分析する際の注意点としては、分析が手順良く進まない場合です。
時間をかけて分析したら、市場を取り逃がしたり出遅れて売上にならないこともあります。
そのためにマーケティングでは分析のテーマを設けます。
「A製品の市場を拡大する」または「A製品の新規顧客の獲得」などです。
テーマがはっきりしていることで、どのような分析を行うのか、が明確になります。

 分析するために行う調査について

マーケティングは製品そのものの分析も、製品の社会に与える分析も行うことができます。
そういった視点からもテーマを決めず実施すると、分析を出すための調査が膨大なものになってしまいます。
なのでテーマは重要です。

ところで、分析するための調査をまとめました。
・調査の視点は3つ
1、地域ポジショニング調査
2、アンケート調査
3、製品と市場感性など数量化調査
です。ただし調査しただけでは終わりません。

1~3は調査データを分析した際に一覧表や図式化していきます。
見やすい表や図にすることで、製品そのものの分析も製品の社会に与える分析が分かりやすくなります。

分かりやすくなったデータは自社製品を社内でナンバーワンと認知させ育てることができます。
また、顧客や業界、地域でナンバーワンと認知させる活動が必要だと理解できる資料となります。

存在価値が出てきます。

 周囲が認めてナンバーワン

会社の「製品の存在価値は何か」。
または「どのようなことで存在を認識されているといいのか」。
こういった製品の存在価値は、事業を進める中で忙しいと忘れてしまうことのひとつです。
気が付いた時、売れていないデータを見て気が付く場合もあります。
その際には、存在価値の視点から把握することがマーケティングの活用です。
この存在価値を分析から把握し、マーケティング活動に落とし込むと売上につながっていきます。

製品の存在価値が認められることで、会社全体が動き出す事例はよくあります。
製造業A社様ではマーケティングを取り入れ、調査分析から活動を始めました。
分析から製品のシェア拡大のテーマに沿って戦略を実践しています。
実践内容には、販促も含まれています。
それにより、県内と言う地域でA製品のシェアナンバーワンを獲得することができました。
ここには社員も認めたことがSNSでの情報掲載になりクチコミにつながったという事例も含まれます。

 まとめ

A社の事例は、データが社員に認めさせた事例です。
社員が認めることも分析では重要で、データを社員が見ることや理解することはマーケティング活動に含まれます。

調査資料や分析の視点は一覧表で分かりやすく図式化しましたので、資料をダウンロードしてごらんください。


いつも弊社ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
【No.1製品を創り育てるマーケティング分析方法】の資料ダウンロードは、以下のフォームよりお申し込みください。
以下のフォームよりお申し込みいただきますと、当ブログでご紹介の資料をすぐに無料ダウンロードできます。

    関連記事

    1. 手順が整っていれば社員さんと一緒にWebで集客することは可能

      中小企業がマーケティングを独学で理解できるポイントとは?おすすめの考え…

    2. 実はBtoB企業の顧客増には○○への認知が必要!

    3. 2020年は【右腕を育てるプログラム】を提供します

    4. デジタルツールの活用がBtoB企業にも求められている

      新規商談に課題あり!?商談先を増やし、成約に繋げるためBtoB企業が取…

    5. 競合に顧客がドンドン流れている時の解決策

    6. スピード感を持ってマーケティングオートメーションを実行できる

      展示会集客は基本的な構造の変化が起こっている

    参加申込受付中のセミナー

    無料メルマガ配信中

    資料DownLoadまとめページ

    マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

    月別アーカイブ