「企画」って何?

新たにことを起こしヒトコトモノを動かす活動を企画

新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
このブログは、2014年2月の記事をリメイクしています。

「企画って、なんでしょうか?」

企画と一言でいってもいくつかの種類があります。
これから取り掛かる事業について「頑張ってみよう」としているコトが
なんなのかあらかじめ理解した上で、企画を立てていきます。
その新事業でも、今までの事業の中の企画だったとしても、
新たにことを起こし、ヒト、コト、モノを動かす活動を
企画と呼んでいます。

新たにことを起こしヒトコトモノを動かす活動を企画

主な企画は以下の5つに分類されます。

1.販売促進企画
・どんな技術や製品、サービスをどのように売っていくのか?
・イベントを開催するのか?
・DMを出すのか?
など、売れる仕組み=マーケティングを組み立てる、特に実践時の企画です。

2.事業企画
技術や製品、サービスが得意先への流れも含めどのように消費者までたどり着くのか、
一連の流れや売上手法、人員や予算、収支計画など事業全体の仕組みがわかる企画です。
大掛かりな器具を導入して新メニューを立ち上げる時や融資を受けるとき、
独立開業時など事業計画時に必要になってくるのがこの企画です。

3.商品企画
自社の技術を製品に形を変えるとき、
また顧客のニーズを製品にしていくときに情報を集めて売れる製品にする企画です。
なぜこのメニューや店販商品やサービスを開始するのか?
その新メニューや新店販商品の裏づけされたコンセプトやターゲットを企画するのが商品企画です。

4.イベント企画
1番目の販売促進企画の一部ですが、イベントやセミナー・展示会や催事を行う際に、
どんなコンセプトで誰に対して行うのか?
そして、イベントの具体的な目標や人員、予算などを企画するのか
がイベント企画です。

5.人材育成企画
企画の大枠としては1番めの販売促進企画や2番めの事業企画に似ている部分もありますが、
企業の経営、特に最近ではこの人材育成が企業の成長のカギを握るといわれています。
会社にとって欠かせないのがこの人材育成企画です。
インターンシップ~中長期的なスパンを考えて、社員とどう向き合っていくのかを企画します。

ものごとにルール、法則性があるように、売上アップ・集客アップ、客単価アップにも
明確な法則性があります。
成功の鍵の基本的な企画の軸を「個客接近」と考えています。
日本が、モノづくりに対し究極の徹底をしたように、増販増客、売上増、個客との関係づくりに
究極の徹底を行う時代となりました。
企画を立案できるマーケティングなら、計算づくで売上を伸ばすことができ、倍増、ヒトケタ増も可能です。

今日もマーケティング視点で活動してみませんか?

*****************************

ワンパターンの広報になっていませんか?
自社のホームページを活用していく戦略的広報も、しっかり考えるチャンス!
7/17開催「企業成長のための広報戦略立案セミナー」のご案内はコチラ

*****************************

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. ドメイン(事業領域)の明確化

  2. {SEARCH!}転職先を選んだ理由別満足度調査

  3. ブランド戦略にあると有利な書類

  4. 営業の本質と売れるマーケティング塾(東京編)

  5. 結果が出せるマーケティングなら実践できる

  6. 量産したアイデアを戦略に変えるには

月別アーカイブ