• FAQ

マーケティング4つのPOINTとは? CTPTマーケティングとは?

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

Q&A、ご質問、ご回答いたしますよくブログに出てくる「4つのPOINT」とは、なんですか?
CTPTマーケティングとは?

 

Q&A、ご質問、ご回答いたします戦略を立案、実行するときに4つのPOINTを視点にもってマーケティングを行う手法です。
この4つのPOINTを「CTPTマーケティング」を呼んでいます。

 

BtoB企業のWebやオフライン&ライブを使った増販増客で基本となるのは、やはりマーケティングです。
マーケティングの基本を知っている、そして活用ができると、戦略が立案出来ます。
そして、実践へとつなげていくことができ、結果として増販増客ができます。

増販増客=マーケティングの基礎となる考え方として「CTPTマーケティング」をおススメします。

「CTPTマーケティング」は、株式会社企画塾が提唱しているもので、これを基本として戦略を構築する術を身につければ、どんな企画も立てることができます。

CTPTマーケティングは、マーケティングの基本、戦略を立案する上での4つのPOINTとなるC(コンセプト)、T(ターゲット)、P(プロセス)、T(ツールやイベント)の頭文字に由来します。

□C(コンセプト)・・・製品やサービス
□T(ターゲット)・・・見込客や顧客
□P(プロセス)・・・関係づくりの段取り、ターゲットとする顧客の発注までの気持ちの流れ
□T(ツール&イベント)・・・プロセスにおける関係づくりのためのツール(Webや紙媒体など)やイベント

以前の産業では、製品がどんどん生み出された売り手市場の時代がありました。
その売り手の時代に代表される製品力を基盤としたCT(コンセプトとターゲット)が整合し告知することだけで、スムーズに製品やサービスが売れる時代でした。
現代では、CTの整合だけでは売れません。
売り手市場から買い手市場、産業構造の変化が起こりました。
これからは「イノベーションの時代」とも言われています。
この「イノベーションの時代」では道の世界を自ら開くために戦略を事前に立て実践する。
そしてPT(プロセスとツール)の緻密な設計が成果につながります。

BtoB企業のWebマーケティングやオフライン&ライブのマーケティングにおいても、この考え方を用いることで戦略が立てやすくなります。

「CTPTマーケティング」
ダウンロード資料

※連絡先情報の登録なしで資料がダウンロードできます。
PDF資料が表記されましたらダウンロードをお願いします。

 

 

 


CTPTマーケティングの基本的考え方。
ものごとにルール、法則性があるように、増販増客にも明確な法則性があります。
成功の企業が流れを作っていくときの基本的な姿勢は「個客接近」です。

中小企業にとって、不特定多数の顧客をターゲットとし投資の力で行う大手の戦略ではなく、特定の顧客(=個客)に対して関係作りを行っていく戦略が、はるかに確率が高く、コスト負担のリスクも少なくてすみます。

「個客接近」を徹底するマーケティング

CTPTマーケティングは、「個客接近」を徹底するマーケティングです。
日本のBtoB企業に合致した、増販増客、売上増、個客との関係づくりを構築し、顧客が発注してくれる戦略です。
自社の製品のコンセプトを明確にして、市場規模を読みターゲットを設定。
コンセプトとターゲットから読み込める戦略に合致した戦術を構築し、実践を行います。
拡大展開へつなげる勝ちパターン(成功の方程式)化し、精度を高めるのが、CTPTマーケティングです。

しかし、このT(ツール)の部分しか対応できない、また、イベントとして企画が組み立てられないなど、4つのPOINTのバランスが整っていない企業様が多いのが実情です。
サマンサハートでは、企画塾認定マスターオブプランニングアドバイザーが、クオリティの高い戦略戦術の立案と実行のサポートを行っています。

 


その他の「Q&A」はこちらから

よくあるご質問はこちらから

関連記事

  1. samanthaheart.marketing

    新製品や新規事業を立ち上げるなら。今企業が選ぶのはマーケティング戦略

  2. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  3. 展示会で顧客に見せるべき資料とは? 内容と事例を紹介

  4. 企業のメディア活用のメリットとは?オンライン時代の組織型広報戦略

  5. これって戦略アずれていて戦術だけが目立ちなかなか売り上げを上げることができないパターン

    BtoB企業から「SNSでクチコミを発生させて欲しい」と言われた事例

  6. デジタルツールを使って顧客とコミュニケーションが取れるようになりました

    経費と手間をグッとおさえて顧客との関係性をつくれるようになった

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ