技術力以外で顧客の心を動かせるもの

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

技術力がブランド価値のあるものとして重要となってきています。

特に「見せる技術」には専門的な知識があることで
さらにブランド価値を上げているのは皆さんもご承知のことと思います。

最近では、この専門的な技術を気軽に見えるブランドとして
顧客にわかりやすく紹介している企業が増えています。

ロゴなどを統一するのもひとつの方法です。
また情報発信としてブランド価値を理解しやすい言葉にしている
企業さんも増えてきました。
その分かりやすい方法は、ブログを書くことです。

と言うことで、最近ではいろいろな方法で
顧客増、顧客拡大に活用していこうとする動きが活発になっています。

上記のようなブランド価値を見せる方法で
顧客増、顧客拡大に成功している企業さんの多くは
ある一つの法則を持っています。

それは
何らかの方法でリサーチを行っている
ということです。

アメリカには「広告の父」と呼ばれる
デイヴィッド・オグルヴィと言う方がいました。
彼も「マーケティングを成功させるために、
もっとも重要な事柄はリサーチ」と言っているほど大切なリサーチ。

このリサーチは、一般的に市場調査と言われてますが、
リサーチがブランド力を確固たるものとする、
と言っても過言ではありません。

調査が甘いまま広告のキャッチコピーを書いた事で
結果が出なかった事例を皆さんも多くご存じのことと思います。

しかし、多くの人がリサーチをせずにブログを書いたり、
ロゴやキャッチコピーを決定したり、
チラシを作成したりしています。

本当は技術が商品の姿に反映されるように、
リサーチは顧客の心を動かす言葉に至ります。

商品の基となる型をつくる多くの燕三条の企業さんは
時間をかけて顧客の意図を理解し、そのテーマを反映させた企画を
企業に提案&製造しています。

基礎の部分であるリサーチをしっかりしなければ、
良い型もできないということだと思っています。

そして、顧客増につながるリサーチ方法は色々あります。

■リサーチに関するまとめ記事

 

 

関連記事

  1. 来店促進はWEBを使いカジュアルで、ナチュラルなイメージを打ち出します

    イベントへ集客できるのはある顧客心理をつかんでいる、という理由

  2. 企業自社の力で集客をすることで新たなノウハウと体験を提供する場

    イベントとマーケティングを組み合わせ、リノベーションを行った会社

  3. 事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり

    吉田北小学校講演会

  4. BtoB企業のHPからの問い合わせがない理由

  5. 新しい実践型プロジェクトスタイルに取り組んでいく時代

    実践型プロジェクトを作りしっかり成果を出したい 

  6. 購買意欲や販売意欲を引き出す取り組みをプル戦略

    企業のマーケティング戦略の新しい流れ

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ