BtoCビジネス化に企業が取り組む時のpoint

一般の消費者にお会いすることからどのように戦術が展開されていくのかその詳細

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

(2016年2月27日のブログをリライトしています)

BtoBのビジネスはBtoCビジネス化できるって思っています。
また、そうして事業を具体化させている会社さんがいます。

その理由は3つ。
1)新規見込み客の開拓がぐっと楽になる
2)価格で選別しないお客様が増える
3)ファン化していき、事業にイノベーションが起こる
今までの下請け・出口のないハードワーク・見積競争から抜け出すことができるのです。

先日、下請け会社さんに新商品の販売についてご相談を頂きました。
価格は安定している、BtoBの会社さんです。
社員さんは50名を超え、工場も大型設備を導入しています。

今回お伺いしたのは、今までやったことの無い
BtoCのルートを新たに立ち上げるお話しでした。
一般の消費者にお会いすることからどのように戦術が展開されていくのか
詳細をお話ししました。

しかし、私の話をこのまま実践したら成功するわけではありません。
消費者と接点がなくても、賞品付きアンケート用紙を同封するなどして、
徹底的にリストを集めると顧客データが蓄積される。とか、
ミーティングをスタートし、新事業のチームをつくるといい。とか
そして、メンバーさんを作り、ファンクラブを発足させる。とか
そしたら、関連情報、メンバーさんのスキルアップ講座開催。
など、見込み客を開拓してファン化してシェアを広げていく。
さらに戦術の話はどんどんと広がります。

ですが、いつまでたっても整理できません。
戦術を話しているからです。
新たなBtoCのルートを確立するためには
マーケティングの手順を踏んだほうが成果がついてきます。

一般の消費者にお会いすることからどのように戦術が展開されていくのかその詳細

戦術はステージ4!
始めにするべきことは、マーケティングプログラムを導入すること!
手がける分野の専門のスタッフがはじめから居なくてもいいのです。
専門家を呼んで監修してもらうといいからです。

サマンサハートはプロモーターとして、プレスリリースをしてマスメディアへの露出の機会を増やす。とか
WEBを含めた情報発信のスタイルを構築する。とか
お客様と出会うためのマーケティング仕組み作りに専念します。
こういった活動の結果として、一般生活者に届けたかった「商品が売れる仕組み」を作っています。

 

***********************************************

\新型コロナウイルスのため、自社の活動が制限されている皆様へ/
今、どんな準備をしていますか?これから何をしなければいけないと考えていますか?
自社で、今どのように動くか、今後の活動のための準備等、今だからこそ社内で行える活動があるはずです。
特に外部セミナーや勉強会に参加できない…という方は、ぜひこちらをご活用下さい!!

当社の新型コロナウイルス対策は以下をご覧ください

***********************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 改めて基礎を振り返った

    悩んだときこそ基礎の徹底

  2. 企画書を作成できるのは考えをまとめることに十分な時間をかけるから

    10年前から大きく変化している?企画書の作り方

  3. 効果を狙うポイントとして重要な要素は「お客様づくりの展示会企画立案」

    展示会出展で2倍の効果を狙う裏ワザ

  4. 顧客の気持ちをとらえた準備ができていると当日の集客に大きな変化が出てきます

    イベント集客に成功している企業がいるならば

  5. 自然と顧客を呼ぶ活動は会場でできる

    展示会の準備期間にはアクションマネジメントが重要

  6. コミュニケーションをどのようにとっていくかを設計して行く

    コンサルシートをリニューアルしました

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ