BtoB企業のInstagramを活用した戦略構築のための糸口

クリエイティブな部分の視点となる「何を」「どのように伝えるか」を重視

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

一般的にInstagramと言えば、簡単にアップできる&写真の加工がしやすい等の「扱いやすいSNS」のイメージがあります。
また、コンシューマー(消費者)がたくさん見ているイメージもあります。
このような意味も含めてInstagramを使っている企業もいらっしゃると思います。

Instagramには使いやすいイメージと共にクリエイティブな表現ができる視点があります。
それこそが、BtoB企業にとって差別化しやすいのです。
特に「独創的」「オリジナル性」が高いBtoB企業に似合った技術力や製品製造過程をクリエイティブに表現できます。

BtoB企業ならではの表現方法ができるところが活用の利点ですが、クリエイティブを自社らしく表現することが重要となっています。
一般的にInstagramはコンシューマーが見ていることが多く、Instagramに企業の技術や製品のイメージを表現してもいいね!は少ないことがネックいなるからです。
単に「みんながやっているから」との理由でInstagramで写真をアップしている企業はないと思います。
だからこそ、コンシューマーが見ていることが多いInstagramについてどのような戦略を構築するといいのかを考えているところではないでしょうか。

クリエイティブな部分の視点となる「何を」「どのように伝えるか」を重視

そこで、自社らしくクリエイティブな部分を構築して一つの方向性を見出しInstagramに情報をアップしていくことで、認知度を上げたりサイトへの誘導を図ったりしていく企業様が増えています。

最近は、このInstagramでの戦略がとても重要で、クリエイティブな部分の視点となる「何を」「どのように伝えるか」を重視して情報を発信しているのが顧客増に成功している企業と言えます。
製品やサービスを魅力的に魅せることにより、イメージや技術力を競合よりも印象に残こし、共感を持ってもらえるように発信してく戦略の構築です。
元々、Instagramはパーソナルな部分が多く、知り合いとのつながりで情報発信が出来上がっています。
裏を返せば、知り合いの顧客と個人的につながることが多いのが事実。
BtoB企業にとっては情報発信がしやすい理由でもあります。

そこで、つながりのあるInstagramの知り合いや顧客に、いかに製品商やサービスに興味を持ってもらえるか、的確に写真や動画でメッセージを伝えることが戦略となるわけです。

ぜひ、ターゲットを意識した興味を持ってもらえるInstagramの活用戦略を構築してください。

 

 


コンテンツマーケティングは、顧客の情報収集活動に流れを合わせ、有益な情報・コンテンツを企業から提供することによるマーケティング手法。
今までとは違うSEO対策が必要な時代に、新規顧客の獲得・育成となるマーケティング手法として注目されています。
企画・制作・分析等、戦略構築をサポートいたします。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 企業が顧客を獲得する際に体験してもらう工場見学会を動画にしていく

    オンライン展示会で使える動画はこれだ

  2. 自社のマーケティング改善で、求人できる体制を作るという手順も重要

    求人の前に!マーケティングが持っている営業力を顧客接点を活用する方法

  3. どうしたら顧客がスムーズに購入したくなるのか?

    SNSの情報発信だけではなく、受注が取れるマーケティング活動を

  4. その会社とどんな関係になりたいか?をイメージしてマーケティングが進行していく

    顧客になってほしい会社との関係の進め方について

  5. 企業様に向けての情報発信や提案する自社のスタイルは変更せずに自社のサービスについて注力

    自社のサービスに手を加えたその時の市場環境

  6. 自社の常識に縛られていていたら分からなかった真空マーケット

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

参加受付中のセミナー

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ