顧客増につながる活動が直接できる社員を増やすには

企画マーケティングが現在の社員でできるようにすること

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

3日間ほど、クライアント企業様各社でいくつかの企画を同時進行で進めるミーティングをしていました。
ニュースではさまざまなモノの価格が上がっていることで、企画の変更を予測しながらのミーティングとなっています。
「環境の急速な変化に対応できないと!」
それに伴い、変化に合わせた市場の見方や顧客への提案準備も同時進行で進めている状況です。

関連記事;マーケティングの進め方! 販促戦略 ダウンロード

この状況だからこそ、企画マーケティングの重要性が高まっており、業種・業態・規模を問わず、多くの企業が企画マーケティングを導入しています。
もっとオンライン・デジタルなどを活用した業種・サービスが広がっていくことを考えると、企画マーケティングを社員が動かせることは今後重要であることは間違いありません。
Webマーケティングを動かす際にも、SDGsの指針を取り入れる際にも、企画マーケティングがなければ会社出立案した事業を動かけないからです。

企画マーケティングが現在の社員でできるようにすること

それに伴い企画マーケティングを動かすには、マーケティングの基礎とさっさと進めるためのノウハウが必要です。

今、クライント企業様が、企画を進めるミーティングをいくつも同時進行で進めることができるのは、マーケティングの基礎とさっさと進めるためのノウハウがあるから。
分析・運用・フィードバックをしながら、企画マーケティングを進めることができます。

関連記事;上手くいく集客の仕組みづくりの進め方

それは企業様が「自社内にマーケティングを担当するチーム体制をつくる!」と宣言したことも同時進行で進めることができるようになった理由でもあります。
よく理解しているマーケターを雇用するのも大事です。
ですがすぐにはいい人材が見つかるとは限りません。
さっさと、企画マーケティングを動かし成果に繋げるには、企画マーケティングが現在の社員でできるようにすることは選択肢のひとつです。
現在の業務がわかればいいのではなく、企画マーケティングがわかるからこそ、軸となる業務の遂行ができると考える企業が増えています。

その企画マーケティングは独学ではあなく、マーケティング会社に入ってもらい運用できるように構築することがおすすめです。

 


 

WEB担当者を付けサイト運営で顧客増を実現したいとお考えの企業様へのご提案をしています。
マーケティング活動を理解し、自社のサイトを動かす&問い合わせを増やす戦略を考え会社に提案する
ことができる社員を育成する勉強会「企画マーケティング塾」。
戦略の事例や実際の企画書の事例を見ながら、自社のWEB戦略を構築することができます。サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 販促の話を個別に案件に合わせてご提案

    販売カレンダーを活用したプロモーションとは?

  2. オンライン展示会では自社ブースに来てもらう戦略が最優先

    失敗しないオンライン展示会出展!デジタル営業の第一歩

  3. 展示会出展後の活動までを設計していくこと

    展示会出展を「社内プロジェクト化」するメリット

  4. データを図式化して全体から読み取れるコンテンツを引き出し戦略化する

    リサーチで引き出した仮説を戦略に落とし込む方法

  5. SNSの魅力である「繰り返しの投稿」が可能

    社内にあるツールを活用したBtoB企業のSNS戦略の立て方

  6. 企業におけるインターンシップ受け入れまでの流れ

    インターンシップ生の皆さんへ「会社のインターンシップ活動を知る方法」

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ