企業によってはSNSを使った集客方法が全く変わってくる件

SNSをどう活用するのかは重要

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

IT化、デジタル化などは、最近頻繁に代表との会話の中に出てきます。
ネットを使った集客が当たり前ですもんね。
そのようなBtoB企業の顧客増で、Webを活用した活動の中、注目されているのが、企業向けSNS
SNSについてどのように活用していこうか、と考えている企業様もいますし、顧客への認知拡大でもっと良い活用方法を模索中、と言う企業様もいます。

そこでは、
A、顧客が企業の場合のBtoB企業
B、一般消費者をお客様として集客する企業
と企業のターゲットが違うことで、SNSで発信するコンテンツの内容やSNSの使い方にも、大きな違いがあります。

まずは、そのSNSに対しての概要をお伝えしさせてください。
SNSに一般消費者や個人事業者、店舗、企業がいて、情報発信を見ているし、情報発信をしています。
そのSNSはInstagramやFacebook、Twitter、LINEなどが中心です。
どなたも見ることができる情報が中心となり、基本的に不特定多数の人や企業が受け取る前提をに情報が公開されます。
ただし、その情報のコンテンツの内容や使い方は先程のA、Bでは違いが出てきます。

B、一般消費者をお客様として集客する企業の場合はほとんどが直接販売できることで、売り上げにつながるコンテンツ内容であること。
ですが、A、顧客が企業の場合のBtoB企業の場合は、製品よりも会社の認知度を上げるためのコンテンツ内容。
と、なります。
するとBtoB企業は、見せ方によっては企業イメージを伝えにくかったり、コンテンツよりも写真や動画でイメージを伝える場合が多くなります。
なのでBtoB企業の場合、SNSを使うのが不利になると感じることも、あるのです。

SNSをどう活用するのかは重要

ですが、IT化、デジタル化などのワードを聞いていることもあり、その中のツールであるSNSをどう活用するのかは重要です。
それはネットを使った集客が中心となってきている表れでもあります。

上記視点により、BtoB企業がSNSを活用していくときは、企業向けSNSの活用をテーマにしていくこととなります。
企業によってはSNSのコンテンツや集客方法が全く変わってくる、一般消費者を集客する時とは同じ考えでは、集客が難しいとご理解いただき、企業向けSNSの活用をお勧めします。

 


自社製品やサービス認知度が増していけば、ビジネスが広がっていき、次の展開に向かうことができます。
WebサイトのコンテンツやSNSを、自社を知ってもらうための一番のコミュニケーションツールとして活用してみませんか。
様々な場面で活用できるSNSコンテンツの企画・文章作成・戦略サポートをいたします。

samanthaheart.content-marketing

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. ランディングページで関心を持った顧客は購入しようと思うリストの中に製品を入れてくれる

    製品ページから集客を行うために整えておくこと

  2. 企業自身と製品の強みの合致した部分をマーケティングでは根拠と言うデータとして使う

    プロジェクトの動かし方

  3. ブログ記事から抜粋した題名をリストにして表面に配置

    “新”通信発信! これさえあればブログを見ないでお手軽簡単情報入手

  4. 営業マンにとってはツールやトークスクリプトの準備は必須

    展示会会場で担当者に必須なトークスクリプトをご存知ですか? 基本的なこ…

  5. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  6. メルマガが顧客拡大の前進の壁になっている場合がないかを確認すること

    BtoB企業の発信するメルマガに効果を持たせるために

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ