協力会社との関係が上手くて顧客獲得に困らない企業

しかもモノが売れていく結果が伴うもの

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
************************************
新製品のマーケティング企画戦略策定セミナー ~4月7日開催セミナーのご案内~
https://samanthaheart.com/news/seminar20210407
************************************

マーケティングサポートをしていると、あるタイプの企業様は時間はたつにつれどこから湧いてくるのか、、、
顧客獲得に困らないんだ!と気が付きました。
そうなんです!顧客の獲得に困らないタイプの代表がいらっしゃるのです。
そういった企業様の企業規模は毎年どんどん発展していき、楽になっていくように見えます。

何をやっているかと言えば、協力会社と企業がコミュニティを作っているということ。
単にコミュニティだとビジネスとは関係ないって、思われそうですので誤解のないように説明させてください。
どちらかと言えばコミュニティというよりも、
「協力会社との関係性の構築」をコミュニティと表現した、というのがフィットします。

そのコミュニティは、しかもモノが売れていく結果が伴うもの。

しっかり売上と顧客獲ができていく不安のない、できれば大きく飛躍できるように、
企業様自身で協力会社との関係を構築していくのです。

反対に顧客獲得の流れがつかめない企業もあります。
そういったタイプの企業様は、協力会社との関係をそのままにしていて「連絡がこないなー」と言います。

しかもモノが売れていく結果が伴うもの

顧客獲得できている企業様は、協力会社とコミュニケーションを取り、グループ化もできています。
ビジネスモデルを作り上げ、協力会社様の方々がやがて契約してくれたり、
顧客を紹介してくれたりするようになっていきます。

時間がたてばたつほど協力会社との関係は広がり深くなっていきます。
協力会社との関係性をビジネスとしてデザインしていると感じました。

 


ではどのように進めれば協力会社との関係性を構築できるのでしょうか。
サマンサハートでは、協力会社との事業を作り、実践することをお勧めしています。
具体的には、企画を作り共に実践していくマーケティング戦略をご提案しています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. リカバリーすると考えれば集客はこっちのもの

    BtoB企業が「相談しずらい」というマーケティングを満足に導く

  2. 顧客を理解し、顧客に合致した製品やサービスが自然に売れていくようにする仕組み

    「うちの会社はマーケティング、弱いよね」からのモデル化戦略

  3. 自社の技術を客観的に見て、視点を変えて開発を行うという考え方

    競合に顧客がドンドン流れている時の解決策

  4. ブログを更新する回数が多いと企業自身がより柔軟性に富んだ会社だと理解

    顧客の関心と共感を集めることが社員力の強化へ

  5. “イベント集客”にフォーカスした活動について集客の手順

    製造業会社様向け集客方法を説明したところが・・・

  6. BtoB企業のイベント自主開催で間違ってはいけない3つのpoint

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ