協力会社との関係が上手くいっている企業は顧客獲得に困らない事情

しかもモノが売れていく結果が伴うもの

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングサポートをしていると、あるタイプの企業様は時間はたつにつれどこから湧いてくるのか、、、
顧客獲得に困らないんだ!と気が付きました。
そうなんです!顧客の獲得に困らないタイプの代表がいらっしゃるのです。
そういった企業様の企業規模は毎年どんどん発展していき、楽になっていくように見えます。

何をやっているかと言えば、協力会社と企業がコミュニティを作っているということ。
単にコミュニティだとビジネスとは関係ないって、思われそうですので誤解のないように説明させてください。
どちらかと言えばコミュニティというよりも、
「協力会社との関係性の構築」をコミュニティと表現した、というのがフィットします。

関連記事:「協力会社」に関するブログまとめ

そのコミュニティは、しかもモノが売れていく結果が伴うもの。

しっかり売上と顧客獲ができていく不安のない、できれば大きく飛躍できるように、
企業様自身で協力会社との関係を構築していくのです。

反対に顧客獲得の流れがつかめない企業もあります。
そういったタイプの企業様は、協力会社との関係をそのままにしていて「連絡がこないなー」と言います。

しかもモノが売れていく結果が伴うもの

顧客獲得できている企業様は、協力会社とコミュニケーションを取り、グループ化もできています。
ビジネスモデルを作り上げ、協力会社様の方々がやがて契約してくれたり、
顧客を紹介してくれたりするようになっていきます。

時間がたてばたつほど協力会社との関係は広がり深くなっていきます。
協力会社との関係性をビジネスとしてデザインしていると感じました。

 


ではどのように進めれば協力会社との関係性を構築できるのでしょうか。
関係性を構築したのちには、顧客獲得に困らない事業の構築へと進んでいくこととなります。
スムーズに進めたいと考えたときは、自社の事業全体とのバランスもお考えになることと思います。
そこで企業の情報発信の真の目的も明確にできる『顧客拡大に向けての3要素』をまとめてみました。
ワンシートの全体像を俯瞰して見てください。

企業全体や社員ひとり一人がそれぞれの製品を製造していく目的を持って活動『顧客拡大に向けての3要素』
ダウンロードページはこちらから

ブログ
『予定通りに進めながらWEBでの情報発信を自社の得意分野にする』

 


サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. ミッション&ビジョンをマーケティングで構築するには。サマンサの経験から…

  2. 企業様に向けての情報発信や提案する自社のスタイルは変更せずに自社のサービスについて注力

    自社のサービスに手を加えたその時の市場環境

  3. よい製品だからこそ顧客へとしっかりつながる提案を仕組みにして

    製品の話をする場合、見込み客に提案書や資料を読んでもらう工夫

  4. オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

    展示会出展後の顧客の行動と向き合う

  5. 顧客増を実践している社長が知っている3つの流れとは

  6. samanthaheart.increased-customers

    顧客の意思決定基準のとらえ方

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ