新規契約獲得のためのアプローチ手法として企業が最近取り入れた視点

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新規契約獲得のためのアプローチ手法にPASONAの法則があります。
企業のサイト内で新規を取ろうと思ったら活用する手法ですよね。
そして商品の販促企画などではよく活用されるので、
多くの企業様がいいやり方だと認めてくださっていると思います。

ですが、新規でない時に使ったことで、思うような結果が出なかったことはございませんか?
新規には効果的な手法なのに、既存客には効果的ではない!?そんなことってありますね。

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから、なんですよね。

新規は一方的なアプローチが中心だから基本となるPASONAの法則はいつも同じ方法で実践ができます。
ですが既存客となると、営業手法をアップデートしていく必要がある。
コミュニケーションを取りながらの活動が中心なので、
PASONAの法則では通用しないとか、すぐに次の手法を準備する、などが必要となってきます。

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

まとめると
・新規契約までは自社に合わせてもらう方法で顧客に変化を求める
・継続契約では同じサービスを継続してもらう方法で顧客の安定性を確認する

顧客は「今、自社が変わるときなのか」決めてもらうまたは理解していてもらうと考え
マーケティングの法則をそこへ投入していくこととなります。

PASONAの法則のように顧客に変化を求めこちらを向いてもらうという
既存客との対応とは反対のことを行ってもらうわけです。

一定のアプローチからスタートする新規顧客の獲得は、マーケティングを活用し新たなツールを使い
アプローチしている理由がここにあるんですね!

関連記事

  1. オンラインを活用するにはペーパーアイテムの提案書の改善も求められている

    人前で話すのが苦手でも説得力のある提案書を作成したいと思ったら

  2. 企画マーケティング塾の活用効果

  3. 具体的な話ができるからこそ事前準備が重要

    自社の魅力をワンメッセージで伝える作戦で顧客獲得

  4. 見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログの正しい書き方

    問い合せがくる企業ブログは書けるのか?コンテンツマーケティングの結果報…

  5. 企業はマーケティングを知っていると集客できるのか?

  6. 情報紙とセミナーのご案内

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ