新規契約獲得のためのアプローチ手法として企業が最近取り入れた視点

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新規契約獲得のためのアプローチ手法にPASONAの法則があります。
企業のサイト内で新規を取ろうと思ったら活用する手法ですよね。
そして商品の販促企画などではよく活用されるので、
多くの企業様がいいやり方だと認めてくださっていると思います。

ですが、新規でない時に使ったことで、思うような結果が出なかったことはございませんか?
新規には効果的な手法なのに、既存客には効果的ではない!?そんなことってありますね。

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから、なんですよね。

新規は一方的なアプローチが中心だから基本となるPASONAの法則はいつも同じ方法で実践ができます。
ですが既存客となると、営業手法をアップデートしていく必要がある。
コミュニケーションを取りながらの活動が中心なので、
PASONAの法則では通用しないとか、すぐに次の手法を準備する、などが必要となってきます。

既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

まとめると
・新規契約までは自社に合わせてもらう方法で顧客に変化を求める
・継続契約では同じサービスを継続してもらう方法で顧客の安定性を確認する

顧客は「今、自社が変わるときなのか」決めてもらうまたは理解していてもらうと考え
マーケティングの法則をそこへ投入していくこととなります。

PASONAの法則のように顧客に変化を求めこちらを向いてもらうという
既存客との対応とは反対のことを行ってもらうわけです。

一定のアプローチからスタートする新規顧客の獲得は、マーケティングを活用し新たなツールを使い
アプローチしている理由がここにあるんですね!

関連記事

  1. 情報を企画に当てはめるとかうのみにするのではなくリサーチをする

    戦略立案に必要な裏付けのある情報

  2. 展示会がBtoB企業の顧客拡大に繋がる一連の活動とは

  3. 製品ができ上がったら市場にどのように浸透させるのかを構築する作業がスタート

    戦略構築時の効率を上げるなら4つの視点で

  4. 事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり

    吉田北小学校講演会

  5. 事業計画に落とし込めないのはデータと手順のせい?

  6. さらにオンラインでもありリアルな場面もあるハイブリッド型の展示会に移行

    ハイブリッド展示会へ!リアルとオンラインのメリットを解説!

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ