BtoB企業は製品力を何で表現することが顧客創造につながるのか

戦略には企業のこれからを考える時の解決ポイントも含まれている

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近は、休日は静かです。
イベントがないから。

その休日にお電話をいただいたことが以前、ありました。
大企業だけが活用しているといわれていたコンテンツマーケティングを
顧客の購買ニーズが多様化したなどの理由で多くの中小企業が取り入れ始めた頃です。

戦略には企業のこれからを考える時の解決ポイントも含まれている

お電話をくださったA社様は、コンテンツマーケティングを研究していましたが、
導入に決定的なポイントを持てないと言っていました。
A社様はコンテンツマーケティングを調べている段階だったからです。

他の参考事例はほとんど大企業の事例だけで参考にならないと言います。
確かに。サイトに出てくるのは成功事例。
中小企業がコンテンツマーケティングを進めるにあたり、
なるほどね、といえる実際のコメントはほとんどなかったのです。

弊社でもお聞きするのは、「導入したものの期待したほどの効果を感じられない」といった
お悩みです。

そしてA社様はコンテンツマーケティングに対して調べたからこそ、の疑問を持っていました。
この戦略には企業のこれからを考える時の解決ポイントも含まれているのでは、と考えていたのです。
疑問とは、
・自社HPにコンテンツを載せるのがいいことなのか
・企画から考えるといいのか、まずはパンフレットだけでも掲載するといいのか
・コンテンツの発信ターゲットは既存客、または新規客か
・他社に記事を依頼した伊賀本当は内製化したい
・まだスタートしていないがネタがない

HPにA社様が製品について掲載したり、情報発信をしたりしたいが、
実は出せるような製品の魅力をそろえることができていないというのです。

そこで、基盤を作るのが先決ということになりました。
結果、コンテンツマーケティングのA社様のロードマップは第1フェーズで、
製品パンフレットを作成することとしました。
ブログをごランいただいている方からは、WEBでの戦略を考えていたはずなのに、
A社様に必要なものはWEBに載せるためのコンテンツなのでは?と思われる部分です。

ごなってくいただくのにそう時間はかかりませんでした。
サイトにコンテンツがないため、どこから何を目的に作り始めるのかという視点から
考えたためです。

最終目的は、企業の製品によって顧客を創造していくことが一番のポイント。
顧客と製品が出会うためには、企業自身の製品力が重要です。
製品の良さを持っているのに伝えるツール、今回ならパンフレットもないとなると、
営業の力も活気できないこととなります。

例えば、パンフレットがあることでその企業は
サイトから流入する顧客に対しクロージングの場面で自信も持てることとなります。
以前にも、企業のパンフレットがあったことにより、メールでの問い合わせから、
お会いして具体的な手順の説明がスムーズにいったという事例があります。

製品の説明ができるように企業の体制を整えることは
直接顧客を創造することにつながる、と考えています。

一例として、企業の製品パンフレットには製品を全体に俯瞰したページがありますしね。
企業の製品全体を俯瞰するときにはポジショニングマップを使うのがおすすめです。

少し話は、ずれたように感じますが、
本来のコンテンツマーケティングを活用して、最終的には内製化したい企業様には
はじめのやるべきことは製品の魅力をいろいろな視点から作ることと
いう点ではつながっているかと思います。

するとその先のフェーズには、

・サイトへの流入を強化していくための継続したコンテンツ制作
・コンテンツマーケティングの内容をレポート化し、営業に回す活動
・コンテンツマーケティングが成果につながる活動となるように課題解決のミーティング

とつながっていきます。
顧客の創造とマーケティングを結び付けて考える企業様が増えてきたと実感しています。

 

関連記事

  1. どのような業者さんに企業のMEO対策を頼むといいのでしょうか

    最近は標準装備されている「MEO対策」について

  2. 提案書に沿った活動は、今まで行き当たりばったりだった提案から抜け出せる

    新年からイノベーションを起こす顧客への提案書

  3. 効果的に進めるには社員さんがマーケティングを自動的に活用できること

    「思わず動きたくなる」企画に取り組む流れについて

  4. 戦略を立てるという考えがあることで意識の変化が生まれていまきす

    マーケティングを社内に導入する利点

  5. マーケティング活動を継続的に発信することで企業のブランドへの興味関心を持ってもらう

    「2021年こそは!」と顧客拡大に取り組む企業に向けて

  6. 展示会情報ブログまとめ(ランキング)

    他に負けない競争力を持つ

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ