企業はマーケティングを知っていると集客できるのか?

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「あ!その会社知っている」
BtoB企業はこの「知っている」をマーケティングの手順に載せることで、集客ができていきます。

それも現在の自社の最強の技術力です。
BtoB企業の場合、

・社名

・製品や技術

等を得意先や見込み客が知っていると集客力はアップできます。
知っているってこれほど重要なのかをいつもセミナーで感じているところです。

先日、数年前にお会いした企業様からご連絡をいただき、
マーケティング活動をスタートすることとなりました。
クライアント様のほとんどは、問題点をすぐに解決したい企業ばかりです。
ですが、ご連絡が数年なかったのに、すぐにマーケティング活動を始めるという企業様もいます。

数年後にご連絡を頂くまでその間は、
「サマンサハートと話をしたら大きな仕事が入ってきてそれどころではなくなった」
という理由がほとんど。
落ち着いたところで、ふと顧客拡大などの問題に焦点を当てた時、思い出していただく様です。

思い出してもらえたのは知っていたから。
BtoB企業はこの「知っている」をマーケティングの手順に載せることが重要です。
その集客力には2つの知っている意味が含まれます。

・頼むんだったらとはじめに思い出す会社

・社名を見つけたときに聞いたことがあると言う会社

どちらの意味をたどるにしても自社を知っていることが必須となります。
当社の場合は、2つ目の意味がほとんどと感じています。
まだ、契約や注文したことがなくても、知っている状況をつくる。

ここがBtoB集客のポイント。
これは認識されていると言う意味となります。
認識がある時、企業が自社の知り合い企業に「頼みたいことがあるんだけど、いい会社知ってる?」と、
聞かれて答える社名の1番に御社がなれるワケです。
反対に認識が甘いと1番に思い出してもらえないこととなります。

1番に思い出してもらえたら、契約はスムーズであることは間違いない。
知り合い企業に紹介してもらうことがとっても大切。
これって、見込み客を集客するための顧客への認知活動=マーケティングです。
この状況から、認識されている企業は、いつもその認識を高める情報を
ホームページのコラム、ブログ、最新情報などでアップするのが当社からのオススメ。

「継続して顧客を獲得し、創り続ける仕組み創り」が大切だと改めて感じます。

 

関連記事

  1. 顧客は存在していて誰もまだそこが市場だと知らない売り放題のマーケットがある

    新しい市場の見つけ方

  2. 自社イベント&活動を停止した際の代替え案を立案する活動が、いま爆発的に広がっています

    イベントを中止した中小企業のその裏側と、今行うべきこと

  3. マーケティング活動の様子をみることでマーケティングの成果をより実感

    ちら見で実感!マーケティング情報紙

  4. 知識や経験がない社員さんも一緒に会社全体で行うマーケティングを実践できる

    マーケティングを取り入れたことに価値があると言える3つのこと

  5. 企業が自社のこれからをテーマとして見つけていくためにもリサーチは活用

    「共感できないと集客ムリ」といわれた?アンケートは社員からも集めよう

  6. マーケティング的設計図について【イメージ付き】

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ