商品が売れ続ける仕組みをリードできる人とは

自分たちで企画しないと 顧客の成長がない

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日は東京で美容商社様の「売れるマーケティング塾」の講座の開催でした。

今日は2回目の講座にして、グループ会社全体の社長さんが冒頭でご挨拶。
その内容とは、自社で&幹部選抜で、マーケティングの勉強会を行う理由を改めて
話してもらった、という感じです。
商社だからこその“受け身だった営業スタイルから、提案型営業に変革“ってことなんだと理解しました。

概要はこんな感じです。↓

**********************************

“卸売業者”での営業活動は、これは必須のこと。
卸売業者は、主力商品やメーカーがあれば継続した活動は行える。
私(社長)いま、この現状から、「継続以上の成長に向けた活動が必要」だと感じている。

まして今の時代は、自己決定権がないまま、営業が進みがち。
売れていればドンドンと新しい商品が入ってきて、
販売できるわけだから、売れるものがあればいい、ということになりがちだからだ。

そんな環境の中で、卸売業者である自分たちは、主力商品やメーカーがあるから恵まれている。
だから、「継続以上の成長に向けた活動が必要」だと私(社長)は思う。

今回(この卸売業者さん)の売れるマーケティング塾開催には
営業の幹部の方々が、選抜で参加している。

私(社長)はここにいるみんな(部長や課長の皆さん)に、覚悟して臨めと言いたい。
これから会社で主となって動いていくみんなが「自分たちで企画しないと顧客の成長がない」から。
その改革として、マーケティングを学び、計画、行動、反省、次のステップを生み出してほしい。

参加している5名が
・商品が分かり、
・商品の売れる流れを思い描き
・商品が売れ続ける仕組みをリードできる
リーダーになる。

そこには「使命感」「責任感」がある。
幹部に与えられた使命だと感じで、全力で企画について学んでほしい。

**************************

自分たちで企画しないと 顧客の成長がない

こんなお話しでした。
感動と重くずっしりとかかってきた責任を私も感じながら、
売れるマーケティング塾を進めていきます。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. イベントマーケティングの認知度が上がってきた

    イベントマーケティングで企業が後悔した3つのポイント

  2. 理解してくれる仲間やポジションを獲得したからに他なりません

    企業の特権とその活用について

  3. マーケティング戦略の立案においてブランド価値も目標設定する

    なぜスタッフがマーケティング解析士の資格を取るのか

  4. 事業主が「よし!これで行こう」というときの裏付けとなるデータを集め企画戦略に落とし込む力

    企業が取組む「新規事業」を成功に導くために必要な力

  5. 情報発信の回数が多いと、企業を見つけてくれるチャンスが増える

    認知されるまでの顧客心理と企業の準備

  6. 結果が出せるマーケティングなら実践できる

月別アーカイブ