マーケティングの世界に入りたい!入社希望ではないんですけどね

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

本年度も当社に大学からインターンシップ生が来ています。
インターンシップ生は、毎年7名~10名ほどを受け入れを行っています。
その98%が女性って、おもしろい!デス。
サマンサハートって、つくづく「マーケティングと女性が繋がっている会社だな」
と、感じます。

そんな弊社にインターンシップに来てくれた彼女たちが私との会話で投げかけてくれる言葉が
「マーケティングの世界に入りたい」です。

大学内でもサークルや授業、研究としてマーケティングを
専攻している女性たちが弊社に来ます。
自分の大学で見たり聞いたりしているマーケティングのほとんどは理論。
実践でのマーケティングは知らないというのです。
インターンシップでマーケティングを体験できるからサマンサハートを選択するわけです。
そこで就職希望を聞くとマーケティングイズムは持ったままで
全く弊社とは違う業態への入社希望なのです。
いままでのインタンシップ生のほとんどが、です。

ということは・・・
サマンサハートって踏み台?

私はそれを聞いて
「それはそれで、いいじゃないですか~ぁ!」って気分です。
入社希望ではないけど、マーケティングを知り、そのノウハウは活かして仕事がしたいってことです。
これって、マーケティングの最高の活かし方だと感じます。

インターンシップのお問い合わせはこちらから

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. ブランド戦略にあると有利な書類

  2. 「売れるはずの商品が売れない…」とお悩みの中小企業様へ

  3. どうやったらインターンシップ生を受け入れている企業として認知されるか

    インターンシップの集客

  4. 関わった社員やスタッフ、 外部関係者の収入が上がる という事例もあります

    成果の上がるマーケティングチーム、3ステップ

  5. なぜ私たちは「マーケティングコンサルティング」という嫌われそうな肩書を…

  6. 主催者が集客で迷わない4つのヒント

月別アーカイブ