スタッフが戦略

自社のマーケットを絞り込もうと決心したのは約1年ほど前

こんにちは!
新潟の集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

自社のマーケットを絞り込もうと決心したのは約1年ほど前。
いわばターゲット以外のマーケットは捨てたわけです。
絞り込んだら、お客様の激減で不安が出てきます。
お客様を切る、案件を切るというのは非常に怖いものです。
経営者はコンサルやマーケッターから聞いて、やろうとするけどなかなかできない(汗)

そんな中で、結果的当社はどうなったか。

写真は当社マーケティング部のスタッフが、自ら企画立案し、戦略を構築しています。

戦略がこうしてどんどんと生まれてくるようになりました。
スタッフ自ら、考え出した企画が動いていくのです。
私はマーケティングは化学反応みたいなものだと思っていて、
関わる方程式が増えると成果も比例して増えていくと感じています。
マーケットを絞り込む戦略ができない理由は、安定的に見込み客を確保するのが難しいと考えるから。
それができた理由はある時、先輩マーケッターからこんな言葉を頂いたから。

「サマンサ。お客様は見つかるよ、必要とされているから出会わなくちゃ」
マーケティングを必要としている企業はたくさんいます。

 自社のマーケットを絞り込もうと決心したのは約1年ほど前

これからはマーケティングを活用できた企業が、時間を有効に活用できる時代。
マーケティングをベースに効率のよいツールを使う戦略を実践することが、成功確率を上げてくれます。
能力の差でない。
戦略の差なのだ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 会社内で思いついたアイデアや新しい発想は無駄なことがない

    マーケティングプログラムがあると動きやすい

  2. スタッフに最終目的地点を伝えたら見事にいい仕上げをしてくれた

    スタッフが自主的に動く!親子集客企画の裏ワザ

  3. はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する

    文章を活用して他社と区別!求人募集の書き方の鉄則

  4. ターゲットを絞ることにより、ピンポイントの顧客心理をとらえ、製品のブラッシュアップが行える

    技術力向上に関するマーケティング導入の定義

  5. 課題構想と基本方針の2つの分析のため、変更しない点を確認

    BtoB企業が大型企画をやめた理由と代わりに立てた戦略

  6. 迅速で正しいマーケティング活動の提案こそが、企業の回復をサポートする

    ますます複雑化する企業の顧客拡大に

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ