「いい求人が来ない」と思う社長が変更したこと

samanthaheart.job-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「うちは求人をして人を増やしたいんだ」とクライアントA社社長が、お話ししてくださいました。
その時のA社は
・いい求人が来ないと社長が思っていた
・古参社員が幅をきかせていて、社長の意見が通りづらい
・会社が大きくなれていない
と、嘆いている状況でした。

この時、A社長はいい求人ができないと思っていたのですが、果たして、いい人材が集まる求人を行っていたかどうか、と言うことです。

関連記事;必要人員だけの求人募集を始めるための知識

求職者が、「今勤めている会社よりもいい会社に入りたい」「別の会社に行きたい」と思った時、「知らない&魅力がなさそうに見える会社を大きくしてやるんだ」なんていうでしょうか。
もしも、わたしの子どもたちが中途採用で転職したいと言ったら、知らない&魅力がなさそうに見える会社に行くことに親として疑問を持つと思います。
まあ、成人していますから頭から反対はしませんけど・・・
きっと「どんなところがいい会社なの?給与がいいとか、待遇がいいとか、社員の仲がいいとかあるでしょ?」そう質問すると思います。
しかし、その時に彼や彼女が、
「専門職でこんな仕事をしているんだよ」とパンフレットを見せてくれたり、
「上場企業ではなくても新聞でよく取材されているよ」とHPのメディア対応を見せてくれたり、
「入社後のスケジュールも整っているんだ、スキルアップがしたくて」と会社説明会の資料を渡したりしたら、
わたしの持つイメージは一変し、「うちの子はこういった会社で自分を磨きたいと思っているんだ、成長しているなー-ぁ」と考え協力体制に入ると思います。

samanthaheart.job-marketing

中途採用で転職する人の多くは、
・仕方なく転職しないといけない
・やりたい仕事がある
・いい会社で働きたい
などが入り混じった想いがあるようです。
そこで決断ができるのは、やはり転職したい会社に未来が見えるから、なのではないでしょうか。

ハローワークからの誘導での突然の面接だけではなく、Instagramで社員同士の仲の良さがうかがえたり、会社の様子が分かりやすく説明会を受けることができたり、パンフレットを持って帰ったりすることで「ココだったら、働けるかも」と思ったのです。

関連記事;BtoB企業の「求人募集」の課題解決へ導いてくれるのは「SNS」

中小企業が、また専門性が高く特殊な業種だけでトップを走る企業は、A社社長のように「求人をして人を増やしたい」とお考えなら、まず求職者に企業様がもともと持っている魅力的な特徴を分かりやすく伝える手段を持つことが必要なのです。

ちなみに「うちは求人をして人を増やしたいんだ」とお話しくださったA社社長は、3年間で8名を中途採用し、今期は新卒者を3名入社させています。
求人をしなかったら、きっと会社は生き残ることができなかったとお話しくださいました。
さらに、A社社長はお考えを変更した経緯の中で「いい人材を集めて新潟でNO,1になる」とも、お話ししてくださいました。

 


ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、自社サイトでの告知の方法を工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. ビジネスブログを企業が書くということ

  2. 戦略が決まっていると後は動くだけ!

    売れない時代に売る4つの戦略

  3. 新規獲得までが設計されていきますし実践型にもなっていく

    新規獲得までを設計、面談率の上昇の図は着実に変化してきている

  4. 事業再構築補助金に取り組むとマーケティング力が上がる理由

  5. 提案の重要性が増した今こそ、「提案力」を高める活動を社内で進める

    今必要な「提案力」を身に付け、NGと言われない戦略を提案するには?

  6. ブラッシュアップしたデータや技術を改良点などレポートにまとめ

    市場環境の変化があっても立案した戦略を実践に導くには

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ