求人募集に必要な自社独自の価値(USP)を見つけ高めることができる5つの実践手法

samanthaheart.job-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日、製造業A社の代表とマーケティング活動について話していたら、「そうか!この活動は求人の時と考え方が同じだね、活用できる」とおっしゃいました。
A社代表は、自社独自の強みを打ち出すことの重要性を理解されている印象を受けました。

求人募集の際、ハローワークの用紙の書き方には基準があり、多くの情報を分かりやすく打ち出すことが難しい書式になっています。
しかし、会社のホームページ(求人情報ページ)は、求職者に対して多くの情報を提供できます。
広範囲な情報を提供するための具体的な項目を、以下の通り挙げてみました。
・働きたい人を応援するという会社の強み
・揺るがない会社の方針
・会社の事業内容と、入社後すぐに取り組んでほしい業務
・スキルアップへの取り組み
・社員の様子や長く勤めている人の想い
これらを、求職者に分かりやすく表現することが理想です。
自社サイト内の求人情報ページがあれば、自由に編集ができ、自社らしさを保ちつつ掲載できますよね。

当社の採用マーケティングサポートでは、結構前半の段階でお伝えしているのですが、
求人募集のページ内に掲載する情報は、「自社の強み」を分かりやすく表現することから始めるのをお勧めします!

まず、求職者を引き寄せるためには「求職者が知りたいこと」に重点を置き、ホームページ内で求人の広報活動を展開することが必要となります。
求職者は、給与だけでなく、会社の魅力や、業務内容や仕事の様子なども見たいと考えています。
求職者の視点を取り入れた情報を掲載することで、求人に必要な情報内容が広がり、給与以外のポイントにも注目してもらえます。
他社と比較できる情報が増えることは、給与以外の検討材料をつくり出す手助けとなります。

ここで、求職者が知りたい情報の中でも「会社から伝えたいこと」とのマッチする部分を考え、掲載すると伝えたいことが伝わるページになります。
「会社から伝えたいこと」は、以下のポイントをチェックしながら整理するとわかりやすいです。
・ほしい人材を明確にする
・独自性のある価値提案 (Unique Selling Proposition – USP)をつくる
・ストーリーテリングの活用
・サイトやSNSの活用
・エンゲージメントの促進

上記の5つの中でも、特に「独自性のある価値提案 (Unique Selling Proposition – USP)」が重要です。

自社の魅力に気づき、それを言葉にすることは、実は採用に関する悩みのある多くの企業の課題だったりします。
会社自身は、まず自社の魅力に気がついていないし、その魅力や価値を分かりやすく言葉にできていない場合が多いです。

samanthaheart.job-marketing

求職者へ自社独自の強み(USP)が上手く表現できていない場合、以下にある『解決するための5つの手法』を実践することをお勧めします。

1、自社の強みについて社内で話し合う
社内の従業員や関係者と強みについて話し合う時間を持ち、自社の強みや魅力について議論します。
異なる部門や階層の人々からの視点を集め、それをもとに共通の価値を見つけ出します。

2、従業員へインタビュー
社員に直接インタビューを行い、仕事に対するモチベーションや企業で働く意義について尋ねます。
彼らの経験や感想を通じて、企業の魅力が具体的に浮かび上がることがあります。
サイト内の採用ページも活用できます。

4、競合分析をする
同業他社や類似企業の事例を調査し、どのような点が自社と違いがあるのかを洗い出します。
他社が強調しているポイントと比較することで、自社の独自性を見つけることができます。

5、外部の視点を取り入れる
採用に関してはあまり、外部の専門家やコンサルタント、顧客の意見を取り入れることはこれまで行われていませんでした。
ですが弊社でも、客観的な視点をこれまでの多くの事例に基づき、ご案内を行っています。
特に自社にとって当たり前のことでも、外部から見れば魅力的な特徴となることがあります。

6、ブランディングを生み出す
社員みんなで話し合う「自社のブランド」についてワークショップを実施します。
これによって社員が自発的に企業の価値観や魅力を共有しやすくなります。

これらのステップのいずれかを実施してみたり、組み合わせて行うことで、企業の魅力を見つけ出し、表現することができるようになります。

弊社で実施している採用マーケティングプログラムでは、マーケティングの実践手順は同じでも、中身は各社に合わせて構築していきます。
会社によってUSPは違いますし、求職者に打ち出したいポイントも異なると思います。
そういった「自社ならでは」の部分を打ち出す新たな実施内容を検討し、より効果的に自社のリクルートを展開してみてはいかがでしょうか。


サマンサハートでは、求人募集に関するマーケティングのサポートを行っています。
また、企業が求人募集をスタートする時のプロモーションを体系化して、
求人に関する社内活動をプロジェクトにすることも含めてサポートいたします。
求人募集活動のコンテンツ「求人マーケティング」。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

関連記事

  1. 次の顧客拡大のマーケティング活動は会社や製品の認知を広げる活動

    3年以上前に作成したパンフレットを使っている会社は要注意!マーケティン…

  2. samanthaheart.hybrid-exhibition-project

    展示会での成約効率を上げる方法とは?改善のポイント&戦略-1

  3. 「マーケティングなんて上場企業だけ?」社員と動いて売上アップを実現する…

  4. samanthaheart.content-marketing

    今、戦略立案者は何を実行し、代表になにを提出するといいのか

  5. 事業を進めるならこの仕事でどのように工夫をしたらいいのかを考えてほしい

    社員のだれもがマーケティングを仕事で習慣化して使えるようになる理由

  6. 競合がやっていないアンケート調査で成果を上げる!ポイントも合わせて解説…

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ