集客期間30日でマーケティングに120%活用できるシート公開

samanthaheart.event-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

製品の認知拡大の際、販売促進活動として、展示会や工場見学会などを行っている会社もあることと思います。

展示会や工場見学会では、集客が重要です。
その際集客できる要素はやはり製品の力。
会社で一番売れている製品が分かると、展示会や工場見学会などは企画立案が容易になります。
展示会や工場見学会など人が集まった場面で、情報公開や説明をすることで、顧客に認識してもらうことが「イベントマーケティング」。
会社が、自社や製品の認知を拡大することで、売上に直接つながるマーケティング活動で、その活動は多くの会社様が行っています。
これまで認知拡大の企業活動は、ずっと行われ続けていました。
でも以前BtoB企業は以前はイベントマーケティングなんてかっこいい呼び方ではなく、催事販売と言っていました。
振り返ると、30年以上前からイベントの分野になる展示会や工場見学会などの催事と言って行われており、集客して受注を取るマーケティング活動も実施していたこととなります。

ですが進化していて、現在では、クラウドやアプリなどをサポートツールとして活用しながら、顧客をイベントに集客している企業が多くなりました。
進化の要素は、サポートツール自体がマーケティングの実践ができるように、流れに沿っていて明確に実行に結びつきやすくなっている部分です。

しかし、このようなツールの活用は集客につながるメリットは大きいのですが、デメリットや弊害も生み出しています。
中小企業の場合、1人の社員だけが利用するだけになったり、費用が掛かるだけで実際には活用できていない、などの事例を多くお聞きします。
現状を会社様にお聞きすると、サポートツールを活用したいがマーケティングの集客ノウハウが少なく、成果にたどり着いていないと、現状をお話しいただきます。
また、DXってこんなことなのか?自社の活動は的を得ているのか?と疑問をもつ代表もいらっしゃいます。

俯瞰して見るならば、DXの体制をつくる前に、まずはマーケティングの実践を把握し、見込み客を集めることができるようにマーケティング体制を整えることが先決と感じます。
ソフトが活用できる環境を整えたい、ってイメージです。

そこでBtoB企業で、「まだDXの運用まではいかないが少しでも効率よく仕事がしたい」と考えている企業のためのマーケティングノウハウがあります。
デジタルに移行する前にフォーマットを使い企画を構築して実践するノウハウです。

samanthaheart.event-marketing

そのフォーマットでは、デジタルソフトと同じように必要事項が明確になっています。
・今回の、またはこの企画のテーマは何か?
・会社や製品のなにを知ってもらうためにイベントを行うのか?
・要点をまとめることができるか?
・いつ、どこで、参加費はいくらで開催するのか?
・顧客に会社や製品を知ってもらうために、どんなツールや媒体を使うのか?
・認知拡大の告知活動はどのような活動か?
・それに必要な予算は?
・どのような成果、目標なのか?
・この活動でどのくらいの認知を目指すか?

この質問は、企画の構築時に要点として必要な項目です。
必要事項の中で明確になっていないことがあれば、その集客力は半減していきます。
この質問に回答ができるからこそ、準備ができ、集客がスムーズになり、当日のイベントを成功に導くことができる!のです。

先程お話ししたフォーマットがあると、イベントを成功に導く手順の全体像を把握することとなります。
イベントの集客設計書のイメージです。

下記写真はイベント集客の企画書です。
ディーラー営業マンの研修セミナーを開催する際の打ち合わせ書を作成しました。

samanthaheart.event-marketing

ポイントは、告知には十分の期間をとる必要がありますが、どのような手段で、セミナーの告知をしたら、何人が集まるのかという設計です。
次のような項目を設計して数値を予測していきます。
この活動によってだいたいどれくらいの人数を集客できるかが掴めるようになります。

集客には、イベント全体を設計することが重要です。
設計した通りに行けばいいのですが、現実にはうまくいかないことも起こります。
フォーマットを使いイベント全体を設計する時点で、集客がうまくいかなくなった時のことを考え、どう判断して、どの段階で追加の施策を実行するのかは、事前にいくつか準備しておきます。
イベント開催1週間前で、蓋を開けたら集客人数が少なかったとわかってから、どうしようかと考えても集客力はアップしません。
フォーマットでの集客準備の実践がおススメです。

 


サマンサハートでは、会社の展示会や工場見学会に活用できるようマーケティング力の強化をサポートしています。
プログラムされていて自社オリジナルの戦略が作りやすコンテンツをご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

  2. ここにも「顧客心理」と言うマーケティングの活用が隠れている

    BtoB企業のための「顧客体験をZoomを使って戦略立案する」設計書

  3. samanthaheart.strategy-tactics

    製品に魅力がある場合、商談を進めるためのマーケティング戦略とは?

  4. マーケティングを使うことで新しい視点&活用から市場が広がる

    マーケティングが心に響くかの3つのポイント

  5. オンラインを活用することでターゲットも変化しているそれに合わせた&1歩先

    展示会出展後の顧客の行動と向き合う

  6. イベント開催後も企業が実践することで、経費節約にもつながる活動

    集客、継続して開催できるラクラクポイント

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ