自社ホームページからの情報発信を大切にする企業が行っていることとは

自社ホームページからの情報発信を大切にする企業が行っていることとは

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新型コロナウイルスの感染拡大から急速にWEBの重要性が高まり、WEBを活用したビジネスのカタチが変わったと感じる企業も多いと思います。
WEBを活用できていない企業は、営業や情報発信にも影響が出ているようです。
「WEBを使いこなせないと今後の顧客獲得に繋がらないのでは…」と感じているBtoB企業様へオススメする、『自社ホームページからの情報発信』についてお伝えします!


※このブログでは【情報発信で成果を上げる!企業ブログ記事の書き方】資料を無料でダウンロードできます!!※

 (詳しくは当ブログの一番下をご覧下さい)


 企業の売上向上に必須となったホームページ

「ホームページがイマイチ」・・・
自社のホームページで、漠然とした課題をお持ちの企業もいることでしょう。

コロナ禍で売上ダウン等の影響を受け、何から改善しよう…と考える中で、BtoB企業は新規顧客を集めたいと感じることと思います。
新規顧客を獲得するため、見込み客を集める「営業活動」や「情報発信」を見直すことでしょう。

その中でも「営業」では、顧客に単に会いに行ったとしてもコロナを理由に会う機会が環境の中で企業は方向性を変えています。
そして企業は改善の方向性として、『Webを活用した見込み客集客』に注目をしています。
しかし、実際にはWebを使った集客が可能である情報や成功事例は見えているが、自社の戦略が立てられていないのが現状です。

上記のような課題がある時はマーケティング戦略立案の際は、現在の企業環境を確認していきます。
情報発信など企業自体の戦略立案の際は、
・自社分析
・顧客分析
・競合分析
を行います。
そして、Webを活用した見込み客集客を戦略として考えていくと、まずは競合はどのように動いているのかを確認することとなります。

Webと言えば、ホームページ。
今、顧客が企業について確認する際に、ホーページがなければ「本当に会社は存在するのか?」とまでいわれるようになったため、ホームページは必須です。
最近は、そのホームページが運営されているように見えないと、やはりその会社は「今も存在しているの?」とみられるようになっています。
それだけ今、ホームページの存在は、顧客取引と深い関係があるのです。

 動いているホームページにすることが企業にとって必須となった

このように、マーケティング戦略の中で自社分析を行い、そのポイントとしてホームページがチェックさせることがわかりました。
やはり企業にとってホームページは重要です。
そしてそのホームページは動いている=「更新されている」ことが条件となってきています。

更新されているホームページとは何でしょうか。
それは、
「新着情報、お知らせ、ブログ、コラムなどの情報発信ページが更新され、新しい情報は日付が1週間以内である」
ことです。
更新の必要性は、ホームページ制作会社さんやWebコンサルさんから言われている企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

お盆休みや年末年始の案内を掲載している企業様もいます。
これは、「オンラインとオフラインを活用した戦略」となり、年末年始の案内を出している企業様はサイトにも掲載することでオンラインとオフラインを活用していることとなるからです。
例えば、年賀状に休みの案内が書いてあったら、年賀状に書いてあったと記憶していて、確認するときは年賀状ではなくホームページを確認する、お客様の行動を指します。
紙媒体とホームページが連動している状態を指します。

紙媒体で認知しながらWebで確認するという行動が顧客の基本的な行動になっていて、ホームページは結局のところ、必要となります。
その際に、年賀状で書いてあった休みの案内が、ホームページに情報として書かれていないのを見た時に、顧客はガッカリして、他に確認したことが出てきた場合はホームページで確認をすることはなくなります。

自社ホームページからの情報発信を大切にする企業が行っていることとは

ホームページで確認をしないとは極端な言い方かもしれませんが、顧客はいつ見てもホームページに最新情報が掲載されている状況が基本と捉えているのは確かです。
ホームページが更新されていないだけで、基本的な業務ができていないと勘違いされることにもなりかねません。

 自社ホームページからの情報発信を大切にする企業が行っていることとは

ホームページの更新が重要だとは企業様は理解していて、更新を頑張っていても、見てくれる顧客がいない・・・
これは企業の情報発信の課題の1つでもあります。
それでは、どのように多くの顧客に企業の情報発信を見てもらい、ホームページの閲覧数を増やすとよいのでしょうか。

それには、今誰もが使っている『SNS』を活用していきます。

<<ホームページ更新とSNS発信の流れ>>
ホームページの新着情報、お知らせ、ブログ、コラムなどのページを使い、情報発信を行う。

情報を掲載したそのページをSNSでお知らせをする。

SNSを見たお客様がホームページへ誘導される。

情報発信は繰り返し行う。

目に止める機会が増えて、見込み客が興味を持つ。

ホームページの各ページを読み込んで、問い合わせをくれる。

この流れを知っている企業は、ホームページに新しい情報を掲載し、そのリンクをSNSにつけておくことでより活発にホームページを動かしている会社と認識を持ってもらっているのです。

 まとめ

自社ホームページで更新される「ブログ記事」は、とても優れています。
見込み客が企業を知ったり、製品に関心を持ったりと、有効な情報発信ツールの1つとなります。
その有効な情報発信ができるブログ記事だからこそ、ただ更新するだけでなく、SNSを通した拡散を行うことによって、さらにホームページが活かされることとなります。

ネットから問い合わせがくる時代となりました。
専門職だからこそ、その技術が売り物になるためにホームページを活用してSNSを使って見込み客を呼ぶことができる企業になっていきましょう。


いつも弊社ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
【情報発信で成果を上げる!企業ブログ記事の書き方】の資料ダウンロードは、以下のフォームよりお申し込みください。
以下のフォームよりお申し込みいただきますと、当ブログでご紹介の資料をすぐに無料ダウンロードできます。

▼【情報発信で成果を上げる!企業ブログ記事の書き方】(表紙含め全18ページの資料)DL▼

    明日から使える!実践型マーケティングメルマガ配信

    サマンサハートお問い合わせ電話メール

    関連記事

    1. 企画マーケティング塾の活用効果

    2. 継続してコミュニケーションを取っていく時のツールとなるのがハガキDM

      BtoB企業のハガキDMは“見た目”が命!

    3. 人気ブログから気づいたこと<その2>

    4. 展示会出展を成功させている企業は、展示会に対する「一貫した戦略」を立てる

      展示会出展で成功する、ある方法

    5. イベント集客!困った時に確認するチェックポイント

    6. もしくは、展示会ブース内で紹介する企画を立ち上げる

      展示会の見込み客集めを失敗しない! 顧客増実践のための5つのステップ

    参加受付中のセミナーのご案内

    協力会社との関係構築

    資料DownLoadまとめページ

    月別アーカイブ