顧客の課題を解決し、製品価値を伝えるコンテンツ作成のポイント

samanthaheart.contents-marketing

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート髙橋です。

企業の技術が優れているなら、それを強みに顧客増をねらう戦略が重要になります。
そこでは独自の技術が魅力的な製品の紹介となるコンテンツも重要とさてています。
しかし、
・魅力的なコンテンツがサイトに掲載されていない
・自社の製品やサービスの特徴を上手く伝えられない。
そんな経験を持つ企業も多いはず。

こうした企業の課題を解決するのが『コンテンツマーケティングオウンド』のサービスです。
コンテンツを重視するには理由があります。

企業の製品はいくつもの魅力をそもそも持っていて、またその魅力は連動されていくことで競合との差別化につながるからです。
この差別化が戦略としてできていると、価格競争に巻き込まれず活動ができます。
また、ユーザーが自ら「欲しい」と感じる製品やサービスを紹介する方法が見つかることもメリットにあります。
コンテンツはこうした企業の製品やサービス魅力を伝える一つの手段であり、紹介して認知を拡大する重要な要素です。

samanthaheart.contents-marketing

コンテンツは、購入する顧客の目線で課題の仮説を立案することから始まります。
単に文章を作成するのではなく、顧客に解決できる技術や製品を持っていることを伝える文章を作成します。
その文章は解決方法を伝えることになります。

そのため最近は、コンテンツを制作することそのものが企業の事業の手順を踏むようになりました。
・企画段階でリサーチを行います。

・また、コンテンツの設計段階で、コンテンツのコンセプトを作り展開を考えます。

・さらに本文だけではなく、顧客の目に留まる題名を考えます。

・そのうえで読みやすいようにコンテンツを作成し、構成をしていきます。

・作成したコンテンツをサイトに掲載、またはSNSにアップしますがその後の経過も測定していきます。
事業の流れに沿って進むコンテンツ制作はは、製品やサービス魅力を伝える場面で企業のマーケティングのお手伝いをしていると言えます。

さらにコンテンツはこんな場面で事業を手伝っています。

1、自社の技術が活かされていることを伝える製品解説としてコンテンツができること
・機能を整理して伝える
・使いやすいと感じてもらえるよう伝える
・企業が製品に自信を持っていることを伝える
・安心感や信頼が高められるように伝える
・知らなかった使い方を伝える

2、製品の売上を伸ばすためにコンテンツができること
・市場のニーズ(求められていること)に合った製品であることを伝える
・製品の魅力を視点を変えて伝える
・理解と記憶に残るように魅力を伝える
・企業のサイト以外にも様々な媒体(SNSや広告、プレスリリースなど)でアピールする
・企業ブランドおイメージを高める

3、会社を変革したい時にコンテンツができること
・新しい発想となるように事業コンテンツを作成できる
・ものづくりやサービスを作ることと同時に事業構築のスケジュールも作成できる
・新しい社外の関係者との連携のための指針が作成できる
・企業ブランドコーポレートを作成できる
・認知度を高めることができる

コンテンツは今や欠かせないマーケティング要素です。
あなたの企業も、事業の目的を明確にするコンテンツを生み出したり、コンテンツを作成するマーケターと組み、より良い成果を目指していきましょう!


コンテンツマーケティングは、顧客の情報収集活動に流れを合わせ、有益な情報・コンテンツを企業から提供することによるマーケティング手法。
今までとは違うSEO対策が必要な時代に、新規顧客の獲得・育成となるマーケティング手法として注目されています。
製品ページ、事例紹介、ランディングページ等、企業サイトの充実をサポートいたします。

samanthaheart.content-marketing

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 顧客が受注へと行動してくれる提案書を準備

    センスがあるからできるのではない提案書の中身

  2. 提案ができれば下請けではない商売ができるため企業にとっては仕組みをつくりたい

    提案営業に移行したいと検討中の企業がまず確認すること

  3. samanthaheart.content-marketing

    今、戦略立案者は何を実行し、代表になにを提出するといいのか

  4. 提案書はコンセプトに始まりコンセプトに終わる

  5. samanthaheart.project

    顧客増をスケジューリングしながら構築する方法-1

  6. BtoB企業の提案書POINT、再度提案書の開くときはいつなのか

≪受付中≫ 個別相談ですぐに解決!

今すぐ受講できる!無料WEBセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ