企業の自主開催のイベントにはお知らせDMが重要!【youtube】

新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

・企業の主催でイベントをおこなう。

・自社からの情報発信で新製品の告知を行う。

といった企業が増えています。
今までの企業の行っていた営業とは大きく変化しています。
今までは営業担当者個々の力量に頼る部分が多くありました。
最近では企業自体がマーケティングを活用することで、できる営業マンを育てる体制をつくっています。
営業マンの個人プレーから抜け出し、組織的な営業スタイルに変化させるのです。

それに伴い大きく企業が変化と体制と整えているのが自主開催のイベント。
イベントマーケティングを企業内で構築することで、
新規顧客とリピーター客の集客を同時進行で行っていく戦略で動いています。

それには、それぞれの顧客に合わせた組織的な営業とマーケティング戦略が必要です。
継続していくことによって、企業主催でイベントを行ったり、
自社からの情報発信で新製品の告知を行ったりできるようになっていきます。

今回は、そのイベントを告知する企業が発信するDMについてのポイントです。
DMを作成する際に見直してほしいのが、3つのpoint!

・どんなことやものなのか顧客に届いた理由が分かる

・顧客がなぜ自分の所にDMが届いたのかが分かる

・何がお得か、何を受取ることができるのか見るとすぐに分かる

このポイントを押さえることで、
企業のDM発信のスタイルや内容自体も確信を起こす事ができます。

 

関連記事

  1. 「日本一の会社にするから、協力してほしい」

    事業計画は社員の夢

  2. 「どのように実践するのか」を知っていることで、ツールを成果に結びつけることができる

    ツール作成が初めての方へ

  3. 体験型をイベントプログラムに 取り入れて開催している

    イベント集客に失敗しない企業がやっていること

  4. 営業段階をセットアップした個客戦略を徹底して売上つなげる時代

    営業を変える!効果的な展示会の活用法3つのpointとは?

  5. 戦略立案と仮説のある戦略立案との違い

  6. 企業がこれから増販増客を目指していたら製品力をそのままぶつけるよりも

    結局、中小企業にとっての補助金申請用のマーケティングってなんだ?

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ