売上に貢献する肝心かなめのマーケティングを組み込むpoint

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティング導入を行う企業の背景

日々の認知活動や集客活動を含む売れるしくみ=マーケティングは、すべての社員さんが
利用する仕組みです。
BtoB企業はその活動を数名のもしくは1名の社員さんが兼任している場合がほとんどです。
そしてその社員さんは“販売促進、インターネット”を扱ったことのある人であり、
ホームページの文章作成からSNSのリンク、外部との交渉までを一手に担っているのが現状。
そして、そこに人材を投入する価値を高く評価する企業はまだすくないのも現実です。

関連記事;マーケティングWEBを活用できる社員が増える

マーケティングは企業の何を変化させ、何を与えてくれるのか

マーケティングは今やネットリアルを同時に進行して、いくつかの作業を重ねて行う仕事。
できる限り管理や作業の手間が減らせる仕組みが必要です。
仕組のマニュアルや手順書を持っていない企業では、手間を減らすためにも
日々のマーケティングのマニュアルや手順書は欲しいところです。
使える仕組みが書いてあるマニュアルも、基礎ではなく実践が備わったすぐに使える
“おいしい仕組み”を選びたいところです。
さらに兼任している社員が、外部に委託する(アウトソーシング)時にも主導権を企業側が
持つことのできるノウハウがあることで、他に使う時間の確保ができるというものです。

関連記事;マーケティングを社内に導入する利点

ただし外部に委託する(アウトソーシング)理由が「こちら(企業側)ではわからない専門分野だから」
という理由では、仕組化できていないことになります。

本当は、マーケティングという専門的なモノを、製造するときに機械を使って作るように企業のモノとして使い、
社員も活用するのが最終段階です。
そこで、使い始めた日から機械がだんだんと売上につながるのと同じように、
外部の専門家と一緒にマーケティングをだんだんと浸透させていくのはいかがでしょうか。

実践が備わったすぐに使える“おいしい仕組み”を選びたい

マーケティング導入と活用方法

では、マーケティング導入を検討し社員に少しづつ浸透させていく場合、
企業は外部と連携を取るためにどのような環境を準備することになるのでしょうか。

マーケティング導入準備

マーケティングは一昔前とは違い、国外から入ってきた情報を学ぶものではなく、
マーケティングノウハウを使い実践するのが主流となっています。
実践とは、マーケティングが今一番使いやすいといわれるネットの分野です。
マーケティング全体を把握し、流れをつかむことでどの場面でどのようにマーケティングを使うのが
一番効果的かを判断できる事例がたくさんそろってきました。
それも大手ではなく、中小企業の事例です。
その事例を持っている&相談できるのが外部の専門家となります。

マーケティング活動の軸

実践とは顧客のリピート注文、見込み客の集客が目的となります。
企業のサイトは今、顧客のリピート注文、見込み客の集客を行うためのツール、
製造会社であれば、機械にあたるモノとなります。
サイトを使って自社情報という生産性のあるモノを発信して、ネット上の企業受付に誘導していくワケです。

ここでは情報の更新が重要となっています。
生産した製品について検品したりするのは製品を顧客に届けるため。
同じように情報は顧客に届けるためのものとなります。
すると、顧客に理解してもらえる&受け取ってもらえる情報なっている必要が出てきます。
その視点で情報を自社サイトに載せるのがマーケティングを活用した掲載方法となります。
この掲載方法を時間をかけずに行うために、外部の専門家と一緒に作りこみ、
見込み客と出会う機会を作っていくこととなります。

マーケティングコンテンツに埋もれると売り上げにならない

マーケティングは様々なカタチで世の中に氾濫しています。
よく聞かれるのは、
「使えるコンテンツがたくさんあるのはうれしいが、結局自社にあうコンテンツは何かがわからない」
という声です。
企業内で社員さんが兼任していくことを考えると、マーケティング活動も自社に適切に合致した
昨日やコンテンツだけをうまくピックアップして使いたいですよね。
「知りたい時だけ、情報が入手できるようにしてほしい」そんな声もお聞きします。

関連記事;コンテンツマーケティングを知っていると便利なこと

マーケティング活動は企業の生産性を高める&助けるものなので、社員がそれぞれの業務に
集中するためには、余計なコンテンツはいらない、というのが本音ではないでしょうか。
また、そうすることで最終的に売り上げに貢献する仕組みができ上がっていきます。

その際に、通常業務で使えるコンテンツと新たに出てきた課題に必要なコンテンツは
必要な時点で随時提示してくれる&見つけてデータをくれることで仕事の効率も上がります。
その活動を行ってくれるのが、外部の専門家と継続的に連携していく活動となります。

まとめ

マーケティング活動のゴールは売上アップの貢献です。
企業によって様々ありますが、売上アップを第一に掲げる企業とマーケティング活動の
関係は深いものになってきています。
またきっても切り離せない関係であると言えます。

そこで、マーケティングを見直し、本格的に導入する企業が増えているのです。
売上アップにかかわる活動にマーケティングを使うことで、
業務の効率が格段にアップし、集客が当たり前のように行われる環境ができ上がります。
すると社員の責任感が高まり、本来の業務に専念することの重要性を
代表が体験を持って伝えることができます。

『サマンサハートの顧客拡大&売上アップにつながる支援』
ダウンロード資料

※連絡先情報の登録なしで資料がダウンロードできます。
PDF資料が表記されましたらダウンロードをお願いします。

 

 

 

******************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築時における社員のマーケティング力の強化をサポートしています。
プログラムされていて自社オリジナルの戦略が作りやすコンテンツをご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

*****************************************************

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 企画マーケティング塾の活用効果

  2. BtoB企業のターゲットデータは年齢性別以外、では何が必要か

  3. イベント集客も仕組みになっていて製造ラインのように次に何をするのかが決まっている

    イベントの集客ヒント「やるべきことのグループ分け」

  4. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    コンテンツマーケティングを成功させるためのBtoB企業のコツは?

  5. 企業がすぐに取り組めるコラボ企画

  6. 予算がないがWEBを使って顧客を集めたい時の提案

    動いていない自社サイトを動かし問い合わせをもらいたい企業

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ