食いっぱぐれがない製品にする。自社のマーケティング力で成果をつくる戦略とは

製品が利益を生み出すようにマーケティングを作りこんでいく

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
************************************
新製品のマーケティング企画戦略策定セミナー ~4月7日開催セミナーのご案内~
https://samanthaheart.com/news/seminar20210407
************************************

今日、以前よりワクワクするビジネスについて、話をする女性から仕事の一環でインタビューを受けました。
弊社のことについてインタビューを受けたのですが、
自社のことを整理して話すことの重要性を改めて感じました。

自分の中ではマーケティングの理解の差を感じたときがあったからなんです。
「あなたの会社の仕事は何?」と、聞かれれば「マーケティングの仕事をしている会社です。」と
話すわけですが、このコメントだけですと皆さんも違和感を覚えるのではないでしょうか?
マーケティングと言えば、リサーチ活動と思われている部分もあるので。

製品が利益を生み出すようにマーケティングを作りこんでいく

 

以前は、リサーチや学びだとおもわれているマーケティングを説明するのに迷っていました。
なので、よく聞く「マーケティングとは売れるしくみ(売れ続けるしくみ)」と言っていました。
そうこうしているうちに「マーケティング=売れるしくみ」から進化させて
説明することができるようになっていったのです。

関連記事;BtoB企業のマーケティング戦略立案までの概要

整理してみたら、ずっとマーケティングの仕事をしているし、幅広く活動をさせてもらい、
リサーチも戦略作りも販売促進もWeb広告も全てマーケティングだから、
いろいろな大きなお仕事もいただきました。
そして、明確にそこに存在する“あること”が分かったんです。

その“あること”とは「ヒト・コト・モノをつないで成果をつくる=マーケティング」だってこと。
このつなぐ活動は、製品を市場につないだり、製品と顧客をつないだりと様々。
だけど変わらないのは、存在する製品を必要な顧客に届ける、という活動。
活動なのでイベントが関わることになってきて、どんどんそのクオリティが高くなっていき、
面白かったんです。

さらにそのイベント活動は広がって、知らせると集客できることが分かり、
Webでの情報発信に火がつきはじめました。
そして、もう一つ分かったんです。

関連記事;時代の波に乗ったマーケティング戦略のまとめ方

「それは製品またはサービスがそこに存在するからマーケティングがある!」ということ。
マーケティングは構想段階から含めても、製品やサービスがあってそれを売るための仕組みを作るってこと。
製品が売れていくことで、さらに強固な戦略になっていく。
最近、成功する企業様は第一段階の製品ができたら、すぐにマーケティングをSTARTします。
製品はマーケティングの実践と共にブラッシュアップされてくからです。
企業の製品やサービスが存在したらすぐにマーケティング戦略を作り、実践をすることが最近の主流です。
そして、製品が利益を生み出すようにマーケティングを作りこんでいくのです。

関連記事;新製品立ち上げ時の、BtoB企業の製品コンセプト作り方

ということで、インタビューを受けながら自分が動いてきたマーケティングを振り返ることができました。
改めて感じたのでは、今はもう配信の時代ですね!

 


ではどのように進めれば製品やサービスのマーケティング戦略を構築できるのでしょうか。
サマンサハートでは、事業戦略立案時における「カスタマージャーニーマップ」を作成し、
補技術戦略と販売促進の連携が組めるよう事業計画をご提案しています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 1対1だからこそ「経営者としての本音」をお聞きすることが多い

    経営者は「この言葉が好きだ」とわかった、そのワードと理由

  2. BtoB企業の場合リピーター対応と新規顧客対応の両輪を回していく

    展示会後のアフターフォローはこれが最強

  3. マーケテイング活動の関係は整理されていると製造に集中できる

    BtoB企業のマーケティング戦略立案までの概要

  4. 新規顧客が来ることを想定して動画を配信する

    事前に顧客が商談に来る動画を活用する理由

  5. 採択後の活動が重要

    補助金の採択と事業計画書の関係

  6. 集客を成功させる時自社の1年間の集客全体像を理解する

    増販と増客のスケジュールはA4、1枚で!

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ