マーケティング部を動かす社員さん、選び方ポイント

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。
************************************
新製品のマーケティング企画戦略策定セミナー ~4月7日開催セミナーのご案内~
https://samanthaheart.com/news/seminar20210407
************************************

新潟の事業再構築補助金の事業計画書作成をサポートしています。
サマンサに思いを伝えたら、具現化してくれるのは助かると感想を頂きました。
これまでいろいろな場面で事業全体のサポートをさせていただくことができたおかげと感謝しております。

この事業計画は作成した後、実際に動くことが重要となってきます。
新規事業は実践に限ります!
支援をさせていただいている企業様は採択された後、「事業がどのように動き、売上を上げていくのか」を
念入りにお話しいただいているところです。

どのように動き売上を上げていくのかは、マーケティングの仕事。
そのマーケティングを動かすには、販売促進を担当してくれるマーケティング部が必要です。
新規事業ならなおさらのこと、マーケティングを部門として持っていることが
今後の成果に大きくかかわってきます。

マーケティング部門に誰を担当させるのか、人事は大切ですね!

関連記事;マーケティング部と営業部の違いとは

ところで、マーケティングを動かすには、営業がうまい社員さんではなく、
すぐにメモをして、動ける人を担当に入れること、です。
マーケティング部を作り、社長や代表が入るとしたら
2名のサポートしてくれる人を付けてください。

もしも、社員が10名以下の会社さんなら、1名のサポートスタッフでも結構です。
マーケティングは、リサーチから販促活動、Web活動、展示会など実践、データ整理、
改善して次回の企画へ・・・・などやるべき項目がたくさんあります。
・たった一人で動かないこと
・そしてサポートをつけてチームで開催すること
が大切です。
関わっている方が多いほど、一般のお客様には受け取られやすくなります。

関連記事;マーケティング時代に欠かせないワークフロー

組織として動いているわけですから、会社にはプログラムがあると便利です。

 


サマンサハートではマーケティングプログラムを
会社で情報発信しやすいマニュアルとともにサポートしています。
それがマーケティング部を臨機応変に、
迅速に対応できるマーケティング部署になっていくからです。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 顧客とハガキDMを送った後にどのようなコミュニケーションを取っているのか?

    発送することで顧客拡大につながるハガキDM

  2. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    Q、マーケティングコンサルって費用が高いの?

  3. 顧客から「役に立つな」と思ってもらいやすい文章が作れます

    自社の”強み”について自社らしく計画書に書く方法

  4. 企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

    マーケティング部と営業部の違いとは

  5. ブログを更新する回数が多いと企業自身がより柔軟性に富んだ会社だと理解

    顧客からの問い合わせへつながる企業ブログの強化へ

  6. メディアが「お!」と気にしてくれるコメント

    サイト充実のためのヒアリングから見える「顧客の声」の集め方

参加受付中のセミナー

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ