新事業を成功させるための準備段階における無駄のない方法

提案書を持っていくことにより顧客からは意見や情報を収集しやすい

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日、来社頂いた企業代表にサマンサハートのブログが早く書けるサービスの話をしたら、
「いやーーーー、ブログね。」(書きたいイメージ)
とおしゃべりをしてくださいました。
企業代表、代表じゃなくても、書きたいし、伝えたいことがあるって感じています。
そんな顧客の心理を受け取ったわたしが心に誓ったのは、女子、、、
(ん?女子って年齢じゃないですが、性別が女性だということで、女子のくくりにしてもらい)
女子はもともと性別でサポートができる立場にあることを含めて、
サマンサハートも企業のマーケティングをサポートとしてブログサポートしているんだなー、でした。

関連記事;サマンサハートについて

ところで、新規事業ができて「さあ!売るぞ」って、お知らせ方法はどうしていますか?

中小企業は常に「新しい事業」を準備していくべきポジションですよね。
そして今ある事業を変化させたり、顧客に合わせて良いカタチに変更したりした事業になりますよね。
そういった事業じゃないとお金も人も時間も新たに準備しないといけないから。
中小企業が得意なタッチアップも遅れますしね。

そこでタッチアップを早くする方法として提案書の準備があります。
売るぞ!ってなったら、企業ならパンフレットを作ります。
そのパンフレットを作る前に、提案書を作成するって方法です。

提案書には企業が製品やサービスに込めた思いを書くことができます。
社内用の共有事項としての提案書なら伝えやすく、会議を減らす図式を用います。
その製品化された背景やサービスとして生まれた根っこの部分も書けます。
顧客に見せるといつの間にやら紙芝居のようにするするっと提案できます。

提案書を持っていくことにより顧客からは意見や情報を収集しやすい

さらに!
提案書は顧客が構えて話を聞くことがありません。
実は営業がしやすいツールなんですね。
パンフレットだと、しっかりとした表紙にちゃんと聞かなくちゃってイメージが湧いてきます。
新製品が出来上がったばかりでこれから売るぞ!の時期は、
親しい顧客に「話だけでも聞いてもらえたら」的なイメージで
ちょっとイメージの軽いコピー用紙の提案書で話を進めていく場面が多いのではないでしょうか。
提案書を持っていくことにより、顧客からは意見や情報を収集しやすいですからね。

関連記事;巨人の肩に乗る作戦で進んでいくサービス

また、特別な知識や経験も必要ありません。
基本的な提案書のひな型はどこにでもあるので、改めて学びの時間を取るリスクもありません。
地域密着型のビジネスなら提案書がマーケティングの隙間を埋めてくれるので、
ライバルを警戒したパンフレットのような作成ポイントは必要がなくなります。

もともと新事業の背景が最小限の投資で済むように考えているところからしても、
売る準備段階では提案書は有効となってきます。

そして提案書をブラッシュアップする時期が来たらパンフレットの作成にとりかかる。
このころになれば、パンフレットは内容も情報も十分に盛り込むことができるだけのものを
持っていると思います。

 

***************************************************

パンフレットでも提案書でも伝わる案内が作成できたら・・・と思ったことがありませんか?

そこで2月のサマンサハートマーケティング実践セミナーでは、
“お客様へのプレゼンも含めた提案書”を作成するための手順と自然とプレゼンに繋がる作成方法についてご紹介します。

 

*****************************************

小規模事業者持続化補助金

 

******************************************

サマンサハートでは、新製品発売時における製品コンセプトの作成代行を行っています。
リサーチを行い裏付けのあるコンセプトを立ち上げますから、リサーチ、分析データは補助金にも活用できます。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

固定費をかけるリスクなしでマーケッターを活用

 

関連記事

  1. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    何を依頼すると成果につながるのか?

  2. お客様へのプロモーションと一緒に実践をしていく事

    提案書と今主流となっている戦略の関係性

  3. オンラインを中心に商談を進める体制を整えることを先にはじめた

    オウンドメディアに関するBtoB企業の悩み

  4. 選ばれる製品を購入する買い手がどのように考えているかを知る

    その製品はだれに届けると喜ばれるのかを知っているか

  5. 「自社はどういうことをしているのか」を売れる仕組みにしていく

    マーケティングを○○として使う

  6. 集客を可能にする中小企業の広報担当の仕事

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ