人前で話すのが苦手でも説得力のある提案書を作成したいと思ったら

オンラインを活用するにはペーパーアイテムの提案書の改善も求められている

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「オンラインのプレゼンが近々あるが、注意点がわからない」
「顧客に合わせた提案だと思うと顧客の反応が気になって提案書作成に時間がかかる」
「提案は苦手だから、WEBでの情報発信ツールだけでいいのではないかと思う」
営業マンや営業事務のご担当者様から、上記のようなお悩みをお伺いします。

新型コロナウイルスの影響もあり、新たにオンラインでの商談を進めることになった企業様が増えています。
商談に必要な資料については、提案書から作成することにしているが、
顧客に合わせた提案をしていく場合、できるだけ資料作成だけではなく
プレゼンもできることが求められています。
中にはプレゼンが苦手、また人前で話すのが苦手で全体構成を掴めない等の課題をよくお伺いすることもあります。

オンラインを活用するにはペーパーアイテムの提案書の改善も求められているわけです。
提案書に関しては、パソコンとにらめっこをしながら、自身がプレゼンする姿も思い描くわけですが、
顧客対応や具体的な改善点まで設計できないという課題がよくあります。

オンラインを活用するにはペーパーアイテムの提案書の改善も求められている

オンラインであっても堂々と胸を張ってプレゼンできたら・・・と思ったことがありませんか?

そこで2月のサマンサハートマーケティング実践セミナーでは、
“お客様へのプレゼンも含めた提案書”を作成するための手順と自然とプレゼンに繋がる作成方法についてご紹介します。

2021.01.13セミナー

*****************************************

小規模事業者持続化補助金

 

サマンサハートでは、企業戦略構築時における製品力の課題での「見逃しな自社の強み」から
販売促進実践への進行のサポートをお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

関連記事

  1. この手法を取る方が世の中のの変化にあわせていくと企業のブランドに無駄がない

    「新しい企画を始めたい、すぐにお願いできないか」と言われた時

  2. 会社に合う補助金・助成金制度を有効活用するために

  3. その回答は顧客が持っています

    新規獲得のためにアンケートを活用する理由

  4. 戦略を立てるという考えがあることで意識の変化が生まれていまきす

    マーケティングを社内に導入する利点

  5. 顧客を理解し、顧客に合致した製品やサービスが自然に売れていくようにする仕組み

    「うちの会社はマーケティング、弱いよね」からのモデル化戦略

  6. マーケティングリサーチとターゲット設定

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ