事件だと思った、、、下請け会社の事情

マーケティングを知って抜け出すか知らないまま作戦だけを行うか

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「マーケティングを自ら動かすことのできる会社を作っていきたい」と
思って仕事をしています。
抵抗勢力もあり、うまくいかない日もありますが、
マーケティングと社員とお客様の支えてここまでやってきました。
ですが、以前、ある事件に遭遇しました。
伝票は直接見なかったのですが、製造業のA社代表がその伝票を見て困った顔をされたのです。
依頼された会社からの価格設定は飲むしかない状態。
反旗を翻したら受注はストップするので、伝票に書かれている価格で進めるほかはありません。
コロナで自社も苦しい、と元請けの会社から言われればケンカすることもあきらめる。
困った顔をされたA社代表はぽろっとそんなお話をされました。

関連記事;一気に企業の様子が変わっていくマーケティングについて

その話を聞き、私はたいそうな事件だと感じました。
苦しいけど、疑問があるけど、このまま行くしかないとA社様も思っていました。
だから、私は「もらわなくても&受けなくてもいい“事件”だ」と感じたのです。
その時にお話をされていたのが、今までもたまにごくまれにすごく好条件の会社から依頼があり、
こちらの言い値で仕事をさせてもらえることがあったそうです。
ですが、そういった案件は継続することがなく、
「結局A社はその場だけの利益で終わったワケさ、、、」と教えられました。

マーケティングを知って抜け出すか知らないまま作戦だけを行うか

・・・ここで、マーケティングを活用して、逆転勝利!なんてお話ではありません。
A社様はお友達でお得意様ではないので、詳しく話を進めていません。
反対に、友達にサポートしてもらおう、なんて思っちゃいません。

関連記事;「うちの会社はマーケティング、弱いよね」からのモデル化戦略

でも、マーケティングはこの状態から抜け出すことができます。
いくつかの作戦を使うのです。
ここで大事なのは、マーケティングを知って抜け出すか、知らないまま作戦だけを行うか、
によって成果の大きさに変化があると理解していきます。
作戦のベースは、戦略です。
例えば、今回の戦略は元請け受注を増やしていく戦略が考えられます。

関連記事;「協力会社がただの「仕事を振るだけの相手先」にならないこと」

また戦略の話をしていきます。
今日もブログをお読みいただきありがとうございました。

 

******************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築時における社員のマーケティング力の強化をサポートしています。
プログラムされていて自社オリジナルの戦略が作りやすコンテンツをご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

*****************************************************

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

******************************************

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

  2. 展示会がBtoB企業の顧客拡大に繋がる一連の活動とは

  3. ぶれずに進めることができれば作成効率は高まる

    スピードだけを上げる!脱線しないで企画書を作成するコツ

  4. 本来の競合調査とは競合の”弱み”の情報を見つけるのに時間を使う

    急がれる戦略立案、間違った情報の使い方から起こる実践ミスを防ぎたい

  5. 告知文とセミナータイトルは違う!

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(2/10)

  6. 企業の集客の近道はマーケティング活動を進めることが集客や顧客拡大の実践となる

    会社のマーケティング力が展示会出会場で差が出るワケがあった

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ