動画作成における時間配分について

動画でどの製品や技術を伝えるかを決定することに時間がかかる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

動画を作成することになっときのお話しデス。
動画を作成するとなると初めての場合、どのように作成するのか見当もつかないと
会社代表から声をかけられました。

手順が重要となります。
そしていつもの業務の時間内での活動となりますので、
時間配分も重要となります。
時間の配分がわかるとスキームも同時に考えることとなるため、
この時間配分は、セミナーだけでなく、勉強会でも、見学会でも、顧客との面談でも基本は同じです。

時間配分は、動画を作成する場合には、動画のテーマを考えるところからスタートします。
・コンセプト
・ターゲット
この2つを決定する時間を含めて配分を考えます。
顧客と、そして社員さんとの打ち合わせや依頼する業者様との打ち合わせにもコンセプトとターゲットは必要になります。
このコンセプトとターゲットが基本的なテーマとして考えられていると、打合せをする時、
コンセプトとターゲットから話をスタートすることで会社の伝えたいことが伝わるようになります。

関連記事;オンライン展示会で使える動画はこれだ

なので、コンセプトとターゲットが重要です。
それは言葉に→さらにコピーして配布する資料として文字化しておきます。
文字にしてわかりやすくするとなると時間がかかります。
そこで時間を取られるので、考える時間も含めて配分を決めます。

また、この時間を取ってコンセプトとターゲットを決めると、自社の今回伝えたいことの全体像も作れます。
この伝えたい全体像は、動画の骨子になります。
この軸の部分が出てていることで、顧客へ伝える力は増幅され、動画に想いが吹き込まれていきます。
顧客が見た時「わかる」「納得できる」さらには「共感できる」となります。
ですが、コンセプトとターゲットを決定していないと動画を見ても納得してもらえません。
BtoBの企業にとって、動画をつくるってこれからの時代、大事だからです。
それは現在、活躍しているBtoB企業の会社代表を拝見しててもわかります。
動画をつくることや動画をネットに掲載することを片手間にしていないからです。

動画でどの製品や技術を伝えるかを決定することに時間がかかる

ところで、動画の作成に重要なのは、自社の動画を見てもらうメリットを、最初にはっきり伝えることです。
「当社は、○○を製造する会社で私と○○を製造することによって、こういうことができるようになります」
の意味を始めに入れます。
たくさんの分野の製造に携わっている会社様なら、すべてをまとめた言葉を選ぶのは大変なので
コンセプトとターゲットをはっきりしておくことが重要となります。

はじめにメリットを伝える理由なんですが、例えば顧客から「ちょっと話があるんだけど」
ト電話が来たら、だいたい良い話ではないな、と思いますよね(笑)
それと一緒でぼかして話すのではなく、明確に伝えると相手も安心します。
はじめにどのようなメリットがあるのかを伝えると、それだけで顧客の聞き方は変わってきます。

関連記事;事前に顧客が商談に来る動画を活用する理由

そのメリットは製品や技術によって違います、伝えたいことも違います。
別々に準備が必要で、だから時間もかかります。
細かいことかもしれませんが、動画でどの製品や技術を伝えるかを決定することに
時間がかかっています。

ですが、この伝えたいことがいろいろあるために会社は、動画を何本も作るのです。
まずは、展示会用の動画を作成することをお勧めします。
展示会用の動画は、会社の1製品についてしっかりとメリットを伝えることができ、
さらにそのことをホームページとともに動かすことで、どんどんと顧客の目に触れるチャンスを生み出します。

関連記事;いままでの常識を覆す新時代の最強ツールがオンライン展示会

メリットは会社様はすでに身に付いています。
文字化されていないだけ。
整理する時間が必要です。
整理するのはその製品のコンセプトとターゲットです。
でも最初は、書き出して、社員や関係者に伝えるものにするのに時間がかかります。
3分の動画のコンセプトとターゲット&メリットについて文字化を30分で書けるようになったら、
会社独自のことが表現できるようになってきます。

メリットを作り文字化するところに時間をかけてみてください。
「○○ができるようになりますし、□□もできるようになります」などを文字化できると
顧客が聞いてくれます。

 

関連記事

  1. マーケティングは社員全員で行いたいそう考える企業も多い

    「マーケティングの相談をしてから社員が変わった」という話

  2. ブラッシュアップしたデータや技術を改良点などレポートにまとめ

    市場環境の変化があっても立案した戦略を実践に導くには

  3. 「できないかもしれない」というイメージを排除する

  4. メディアが「お!」と気にしてくれるコメント

    サイト充実のためのヒアリングから見える「顧客の声」の集め方

  5. 「日本一の会社にするから、協力してほしい」

    事業計画は社員の夢

  6. プロセスが会社に残り安定して集客できるようになる

    見込み客を集め受注につなげるBtoB企業の集客方法について

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ