求人募集の方法を変更した件

スマホでの表記が鍵を握る

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

どこも人手不足は深刻で、現在の顧客対応を状況を維持しながら、
新製品開発も両立することが厳しくなっています。
「何とかしなければ・・・」とお思いかもしれませんね。

求人募集の集客方法と言えば・・・

・新聞のやフリーペーパーの折り込みチラシ
・新聞、雑誌、フリーペーパーなどの広告
・求人サイトへの掲載
・ホームページへの掲載
・ブログなどでの自社の求人に関する情報発信

などがあります。
求人広告はいろいろありますが、問い合わせが少ないな―、と感じたことはあると思います。
なので、それぞれの媒体に掲載されている他の企業の書き方を見て、
同じような文章になっているからこれでいいのか・・・と安心するかもしれません。

そこで、他の他社とは同じかもしれないけど、
・自社の場合は本当はどうしたら確実に欲しかった人材と出会えるのか
・なぜ、求人ができている会社があって、なぜ自社が求職者が来ないのか?
を、考えたことはございますか?

スマホでの表記が鍵を握る

そこには、募集を出すだけではなく工夫が必要です。
当社も求人募集の方法を工夫して、いい人材を獲得した事例のひとつでもあります。
新聞の購読率が低下している中で、若い人は新聞を見ていないし、
自社が誰もが知っているブランドでなくても、またお金をかけられない事情があっても
その求人募集の方法は、当てはまりました。
そして、今回、また求人募集を出そうとしています。

関連記事;マーケティングプログラムがあると動きやすい

その求人募集の方法とは、
マーケティングを活用して求人票の書き方を工夫し、自社の仕事の魅力を知らせる方法です。
どんなによくできたチラシや広告も、求職者の目に留まらなければ意味がないです。
一般的に言われているのが、求職者が見ているのは、求人の職種です。
知っている会社の社名があれば、そこも見ます。
ですが、求職者は自分が考えている求人の職種を先に見ます。

現在のハローワークのサイトをご覧になっていますか?
最近、システムが変わったそうで、求人一覧は変更されています。
会社様に見ていただきたいのは、スマホでの自社の求人覧がどのように見えているか、です。

関連記事;あなたの提案に仕掛けはありますか?提案営業の秘密

はじめに出てくるのは職種です。
求職者は、スマホの画面で職業が掲載されている一覧のページを始めに見るのです。
スクロールしながら、どんどんとみていきます。
職種の欄は1行に15文字、2行になっても構いません。
ということはほかの職種と同じ掲載だと、会社が出れも一緒だと思われて求職者の目に留まりません。
ある意味、スマホでの表記が鍵を握るわけです。

会社ではぜひ求人票の「2仕事内容」の欄を重視して記入していただきたいのです。
当社では、「1求人事業所」「6会社情報」6の中の「求人に関する特記事項」などを重視しています。
来ないなら、求職者に「この仕事なら自分は対象になるかも」と思わせることが大切です。
それは他社の文章と同じような文章で書いた求人募集ではなく、全く違った方法で募集していく方法なんです。

もし、求人募集に不安を感じているなら・・・
ぜひ、ハローワークの求人表を見直し、修正をしてください。
きっと会社への申し込みの様子が変わってくるはずです。

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、
自社サイトでの告知の方法尾工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように
求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 社員も見逃してしまう会社独自のサービス

    顧客拡大に成功した会社はココを変更していた

  2. 新規であってもリピーターであっても継続的に集客をしていく

    イベントで集客ができない企業の、調査ミスについて

  3. 年間販促計画の簡単な作成方法について

  4. 優秀な社員や上司のノウハウや知識を共有できるというメリット

    社内でマーケティング研修を行うことのメリット

  5. 見込み客を獲得するツールとして

    主催者が集客で迷わない4つのヒント

  6. プロダクトアウトからマーケットインの考えに移行してもらい価格の打開策案を出す

    製品やサービス&価格決定後に、いまさらながらマーケティングプランに悩ん…

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ