いままでの常識を覆す新時代の最強ツールがオンライン展示会

オンライン展示会で成果を出すことができるためのサポートを提供

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

新型コロナウイルスの影響から、各都道府県は様々な対応を出しています。
弊社も、会社様&顧客の集客に携わる、またサポートする立場として身を引き締める意味も含め
ガイドラインを発表しました。
活動する立場として、動きたい&動くべき会社のためのマーケティングのベースを“整える”ためでもあります。

“整える”に関して先日も、オンライン展示会のサポート体制を整えるため、
コラボしている企業様とミーティングを行いました。
コラボしている企業様とはイチコン様で、オンライン展示会チームとして
現在、会社様がオンライン展示会で成果を出すことができるためのサポートを提供しています。
そのミーティングもzoomを使ってオンラインで行っていました。

オンライン展示会のサポートは突然現れたこともあり、会社様が様子を見ている状況と感じています。

しかし、会社の環境は、新型コロナウイルスの影響により倒産もあり得るという見方もあり、
決して安心できる状況ではありませんよね。
オンライン展示会に出展して、新規企業を見つけ業績をアップさせたい。
そして、先程はオンライン展示会のサポートは突然現れたと申しましたが、
このような状況で不安材料や不安情報がいくつも重なっているからこそ、きちんと決断したい。
そこが本音ではないでしょうか。

オンライン展示会で成果を出すことができるためのサポートを提供

この状況を踏まえ私たちは、会社様のオンライン展示会での困りごとを整理することにしました。
結論は会社様の困りごととは、オンラインでの出展者としての経験がないまたは浅いことから
・オンライン展示会が漠然としている不満
・商談まで進めないのではという不安
・自社にデジタル機器が不足していて、経費がかかりそうという課題
がある、とまとめました。
さらに会社様にご意見をもっとお聞きするとまだまだ不安や不便、不足なことが出てくると思います。

そこで、多くの会社様が不安に思う中、
未知のオンライン展示会に対する不安を解消して成果を出してもらうため、次の作戦を打ち出します。
『オンライン展示会を攻略するための基盤を作るミニセミナー』(仮題)です。

このミニセミナーはもともと、新型コロナウイルスの影響により投下できる資金も少ないため、
・これからの出展がどうなるのか不安だ。
・準備すべきことを具体的に知りたい。
・少し先が見えてくるような状況を作りたい。
・オンライン展示会の商談についてルールや指針を理解したい。
・オンライン展示会の出展をチャンスにチェンジしたい。
など、このミニセミナーを通じて
『会社様のオンライン展示会に対する指針を構築するきっかけとして情報を活用してほしい!』
↑これが私たちチームの望みです。

ミニセミナーは複数回、開催する予定です。
開催日は検討中ですが、会社様に日程を合わせていただくのは大変な部分もあると思っています。
日程が合わなかったことによる、
・聞き逃した
・もう一度
・もっと知りたい
などにも対応していきたいと考えています。

改めて、ご案内をどんどんと発表していきますので、ぜひご検討ください。

 

****************************************************

 

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

******************************************

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. オンライン化への情報をどんどんつかみ製造をより強化

    オンライン化って?そこにあるマーケティングの視点は?

  2. 事業の方向性を明確にできるのは素直に嬉しい

    頭にあることを言語化することは重要事項

  3. 製品ができ上がったら市場にどのように浸透させるのかを構築する作業がスタート

    戦略構築時の効率を上げるなら4つの視点で

  4. 具体的な話ができるからこそ事前準備が重要

    自社の魅力をワンメッセージで伝える作戦で顧客獲得

  5. プロモーションの流れの注意点は思い切って段階に分けて紹介していくこと

    企業がイベントプロモーションを活用している件

  6. 営業ではなくマーケティング部が集客することで営業がクロージングに行くことができる体制作り

    製品力を活かせていない時の販売促進に使える2つのこと

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ