技術を顧客が認めるには心に響くコレが必要

見えない技術を顧客に伝える手法が必要

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日のブログ、「動いていない自社サイトを動かし問い合わせをもらいたい企業」の
続きです。

関連記事;動いていない自社サイトを動かし問い合わせをもらいたい企業

先日のブログのA社様は展示会で出展したい製品は
「製品を売りたいんじゃない、製品ができるまでの手順や技術が売り」とお話くださいました。
それでは、製品でないものをどうやって売っていくのか。
まずは、「製品ができるまでの手順や技術」がどのようなモノなのかを
しっかりと書き出してみることにしました。

書く、となると面倒に感じますが「書いてくださいね!」と代表にはお伝えしました。
書いたメモはいずれ、パンフレットやホームページのコンテンツになるので重要です。
書いておかないとその言葉のブラッシュアップの過程を見ることができません。
コンテンツができ上がるまでのメモを見ると、会社の歴史や沿革、製品の強みを言葉として
受け止めることができ、打ち出すこともできていきます。
特に沿革なら、「この技術を開発した社長はこの製品に想いと未来を感じていた。
だから、こうしてメモを残している、意外と小さな発想からスタートしたことがわかる。
弊社の現在があるのは、この製品のおかげであり、製品と技術を開発した社長の強い信念によるものである」
と、のちのち語り継がれるわけです。
ここでA社代表ではないですが「いや、俺は名声が欲しいのではない」とおっしゃる企業様もいます。
ですが、売れた時、背景が必要でその背景を伝えないと顧客層は広がらないのです。
顧客に愛される技術はメモからスタートした、というイメージになりますね。

見えない技術を顧客に伝える手法が必要

では、どのようなメモを残すのか?
それはメモが「心に響くベネフィット」になるように書いていきます。
「心に響くベネフィット」とは、技術が会社の特徴ではなく、
顧客にとってどういう利益が及ぶかを指しています。

パンフレットにもベネフィットは明記するとブログで書いたことがありますが、
製品名は特徴でしかないのに、顧客にとってどういう利益が及ぶかという
ベネフィットを書くことで、「なるほど!」が生まれてくるのがベネフィットです。

なので、製品名とともにベネフィットを明確にしていきます。
ベネフィットを明確にしてる例は、ランディングページです。
うまくできているランディングページは製品の名前が初めに来ないのが特徴だと私は感じています。
製品を先に伝えると「なにそれ、それがどうしたの?」って思われてしまうからです。
なので見えない技術を顧客に伝える手法が必要となります。
それがベネフィットです。

A社様も「技術を顧客が認めてくれる心に響くベネフィット」を作りました。
展示会への集客を考えているので、技術名とベネフィット、さらに事例も含めて掲載し、
ランディングページを作り、特徴としました。

ぜひ、BtoB企業様のベネフィットを具体的な言葉にしてください!!

 

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 企業自身と製品の強みの合致した部分をマーケティングでは根拠と言うデータとして使う

    プロジェクトの動かし方

  2. 実践的なマーケティング活動の向上をより一層強化

    『社員が実践できる集客企画』の作り方を告白 

  3. ディズニーのマーケティングイズム実践術

    講座開催の舞台裏

  4. 継続して売れていくって、すごいこと

    継続して売れていくって、すごいこと

  5. イベントは動いていないように見えますが急速に新しい企画として立ち上がっている

    一つの製品に特化して企画を立案するある手法

  6. 知識や経験がない社員さんも一緒に会社全体で行うマーケティングを実践できる

    マーケティングを取り入れたことに価値があると言える3つのこと

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ