BtoB企業の発信するメルマガに効果を持たせるために

メルマガが顧客拡大の前進の壁になっている場合がないかを確認すること

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

メルマガよりもSNSの時代と言われています。
そして、コンテンツが大切、ブログのような情報発信は古いともいわれています。

でも、BoBマーケティングではそんなことはない!

理由は今でもデータのやりときは、FBメッセージではなくメールだから。
今、どんどんとSNSは進化していっていって、タイムライン以外にメッセージ機能が必ず存在し、
コミュニケーションの手段はSNSにサービスとして必ずくっついています。
確かにそうなのですが、メールアドレスは会社の住所となったとしてもSNSのメッセージは
私書箱にしかならないワケです。

会社の住所となるメールアドレスを持っていれば、企画立案時にメッセージが送れるし、
いざとなったら、SNSがなくても、メールアドレスから送ったメッセージなら
顧客を増やすことも可能です。

メルマガが顧客拡大の前進の壁になっている場合がないかを確認すること

そして、そのつながっている顧客に情報発信をしていきたいとなったら、
メールマガジンを使うことで自社の情報を届けることができる。
ホームページに掲載した情報を顧客に届ける時にはメルマガですね。
BtoB企業のメルマガとホームページは相性がとってもいいからです。
さらに、メディア対応にも優れています。

でも、メルマガの開封率が悪いとか、メルマガ反応がないといわれています。
なので、BtoB企業の発信するメルマガに効果を持たせるためのいくつかのチェックをお願いします。

▢名刺とメールアドレスの整合性を取る

▢メールアドレスの一覧表を作り、分類わけをしておく

関連記事;既存顧客情報をデータ化することで成果につなげる

▢メルマガの作り方について自社のルーツを作る

▢顧客データを確認する

▢文章の作り方のフォーマットをメッセージタイプにする

関連記事;マーケティングには集客時に実践しやすいフォーマットが存在する

▢メルマガ発行の日程を整える
日程を決めておくのがベストです。

当たり前のpointですが、もう一度、メルマガが顧客拡大の前進の壁になっている場合がないかを
確認することです。

すると、集客できる文章が見えてきます。
流れが見えてくる!ってヤツです。
メルマガ⇒読みもの
ホームページ⇒見るもの
そしてこんな話をすると、燕三条の仕事人の中にははラーメンは飲み物っていう人もいます。
話は脱線してしまいましたが、メルマガは読み物です。

読んでもらい、しっかりと売り込んでいいのが、メルマガ。
ホームページと相性のいいメルマガを一度顧客データとともに見直して、
自社メディアを100%活用してみませんか?

 

******************************************

サマンサハートでは、企業の広報活動が認知につながるためのメディア対応を含めた
プロモーション活動をサポートしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 「誰に・何を」だけではなく「どうやって」も大事な時代

  2. 会社と社員が共に成長できる社員育成テクニックにはマーケティング

  3. BtoB企業の場合リピーター対応と新規顧客対応の両輪を回していく

    展示会後のアフターフォローはこれが最強

  4. 似ているからこそ比較対象のコンテンツは作りやすくなる

    どれだけ「他社との違う会社だ」と表現する方法

  5. 事業計画につながる!今までにない新しい社員アンケート

  6. プロセスが会社に残り安定して集客できるようになる

    見込み客を集め受注につなげるBtoB企業の集客方法について

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ