成功しているBtoB企業はホームページから顧客動向を受け取っている

マーケテイング活動を自動的な流れにする、その流れの軸をホームページ(サイト)に設定する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングの活動は人海戦術でも成果を上げることができます。
でも、デジタルを活用して成果を上げることができます。
もちろん、人を中心にうごいていた企業が自社独自のプラットフォームを作り、
実際に顧客を獲得することもできるようになりました。
独自の思考、そして大切にしている技術があるので、ベストな考えです。
しかし、初期投資と、稼働までの時間が長い!!、のが問題です。

さらに、それがプログラムとして構築されていないのも問題です。
できる人やできるところだけが具体的にして実践しているからです。
ある一部の人だけだったわけです。
ツールが、自社サイト、SNS、動画、メルマガなど媒体もメディアも様々あり、どこから手を付けていいのか分かりずらいのです。

マーケテイング活動を自動的な流れにする、その流れの軸をホームページ(サイト)に設定する

ですが、一つだけ明確になっているものがあると弊社では考えています。
それは自社サイト、ホームページです。
ここから考えて行くという戦略は具体的になりました、そしてムリなくご提案できると実践で感じています。
それが“マーケティングオートメーション”です。
マーケテイング活動を自動的な流れにする、その流れの軸をホームページ(サイト)に設計する、
という考えです。

その活動の中でのpointとなるのが「マーケテイング活動を自動的な流れに」。
なのですが、その流れには設計することが4つあります。
・ターゲットとなるペルソナ設定
・顧客心理の動きを流れとしてみるカスタマージャーニー設計
・見込みとなる顧客に購入までをイメージさせるコミュニケーションスケジュール設計
・顧客心理を獲得できる自社の技術ベネフィット設計
です。

それらは自社サイトは情報を発信しているにもかかわらず、
アンケートデータ以外の方法で顧客も様子をつかめる、という利点があります。
今まで顧客の様子はアンケートでのデータや大きな市場調査会社のデータしかありませんでした。
ですが、自分たちで顧客の様子を理解できるようになったんです。
これなら、顧客の様子が誰かに聞かずにわかり、顧客の動向に合わせた集客が可能となります。
世の中にはもっとわかりやすいアプリやシステムが存在していて、自社サイトから
顧客の動向を読み取れるようになっています。
上記の4つのポイントはその動向を読みたるために技術と合わせて設計をしておくものです。

ということで・・・BtoB企業は、顧客の動向を知るとしても、
技術に合わせた顧客動向が必要です。
一般的なものでは、概要が見えるだけで自社の事業に合わせて戦略を作りづらいのです。
その結果が
「技術はあるが顧客に合わせて作ることしかできない、これは売れない」
という言葉になるのです。
いいえ、違います!!
顧客に合わせて作った技術ですから、売れるのです。
その方法は、集客⇒提案⇒打ち合わせ⇒納品です。
この流れを商品として顧客に伝える作戦です。
今回、オンライン展示会でその作戦を取り入れ活動を始めた企業様がたくさんいるんです。

なぜその作戦を取り入れることができたのかと言うと
“マーケティングオートメーション”を知ったからです。
マーケティングオートメーションなら、顧客の動きをサイトから知り、
集客をして提案をすることができると知ったからです。

サマンサハートはそのサポートをしています。
私たちももっとわかりやすく伝えたいと考えています。

 

******************************************

サマンサハートでは、企業のマーケティングが効率よく行われるように
社内構築のサポートをすぐに使えるテキスト化してお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. ツール VS 売り込み営業の関係性

  2. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  3. スタッフに最終目的地点を伝えたら見事にいい仕上げをしてくれた

    スタッフが自主的に動く!親子集客企画の裏ワザ

  4. 会社や製品が知られるようにする広報

    メディアの2つの視点とその一つが企業に直接役立つことについて

  5. 優秀な社員や上司のノウハウや知識を共有できるというメリット

    社内でマーケティング研修を行うことのメリット

  6. 1対1だからこそ「経営者としての本音」をお聞きすることが多い

    経営者は「この言葉が好きだ」とわかった、そのワードと理由

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ