オンライン展示会、どう取り組むといいのか

プレゼン資料を動画にしたり一部ずつ進める展示会活動

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

オンライン展示会のサービスを立ち上げました。⇓こちらから

 

オンライン展示会サポートに関する想いはブログ⇓でお話させていただいています。

オンライン展示会はイメージが付いたがどのように進めていくといいのか。
何が必要で、どんなツールを準備するといいのか。
何から、手を付けるといいのか。
デジタルやWEBに関することは、お金がかかるが変更も多いからどこまでかけるべきか。
セキュリティはどのように対応するといいのか。
など、取り組み方が決まらない企業様もいらっしゃると思います。

「案ずるより産むが易し」かもしれません。
出展を経験しながらオンラインを自社で構築する方法もあります。
今の現状のまま、オンラインツールを導入するとなると、
営業も製造も、顧客案件から取り組むマーケティングもすべてがかかわりがあり、
とっても大きなプロジェクトになりそうで、社内でチームをつくる必要があると思っていませんか?

プレゼン資料を動画にしたり一部ずつ進める展示会活動

例えば、オンラインで会話ができる窓口を作ったり、
プレゼン資料を動画にしたり、一部ずつ進める展示会活動もあります。
毎日の業務に使えるところからオンライン展示会に取り組む方法は、
身近なツールでよく使うこととなるため、経費負担も少なくできるメリットがあります。

さらには、新しく自社を紹介する動画を作成し、youtubeにアップする。
そして、担当者をユーチューバ―にする?なんて考えていくと時間が取れるか、難しくなります。

その場合も例えば、動画は短い動画でしたらホームページにアップすることも可能です。
機材をそろえると長い動画を作ってしまいますが、PowerPointで説明を作成して、
それを動画のように動かすこともできます。

どれも、企業の製品をアピールするためにオンラインでできること。
そしてアピールは一般消費者ではなく、特定の顧客、見込み客に見せるための手法を取り入れること。
そう考えて行くとオンライン展示会の準備は、企業紹介や製品紹介がテーマになることがわかります。
ということで、サマンサハートは展示会に必要なオンラインツールは
当日に説明ができるように準備をすることから始めていってます。

さらに今、オンライン化をした企業様も、Zoomでホストになる仕組みがわからずstopしています。
その方法や、新たにコンテンツ発信をしてオンライン決済するためのPayPalの準備に困っている
企業様もいます。
オンライン展示会を考えると、詳細について説明したり、ご契約の手続き方法も
わからないところがあるようです。

アプリを導入して活用していない企業様のご質問にお答えしたり、
自社の画面を共有して見てもらいながら問題を解決したりも必要です。
小さなつまずきをなくしていきましょうね。

今日もブログをお読みくださりありがとうございます。

 

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

\ オンライン展示会に取り組みたい方、展示会のBtoB商談で新規獲得を考えている方 必見‼ /
↓ ↓ ただいま参加申込受付中!! ↓ ↓

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれる

    社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

  2. 消費者は表現できていると感想をくれる

    DMに込められた思い

  3. データからは、顧客が気付かない問題点を読み取ることができる

    事業拡大に伴う、データ収集とその分析

  4. 10周年

    サマンサからのお知らせ

  5. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    Q、マーケティングコンサルって費用が高いの?

  6. 自社のHPができてから、マーケティングを中心としたブログ記事に移行していった

    BtoB企業とブログと咳

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ