オンライン展示会と企業ステージの関係

実践であるマーケティングとセールスの環境を展示会で作る

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

皆様に、まずはお礼を。
ブログを毎日更新している中で、新しい「サマンサ通信」を発行することができました。
多くの方々に&昨日も訪問先でも、「いいね」と活動を認めてもらえたことです。
マーケティングなんだから当たり前だろう、と言われますが、
その一歩一歩の積み重ねなんだと改めて思ったところです。
さらにこれからも思いつく限りの実践をしていこうと思います。

ということで、実践であるマーケティングとセールスの環境を展示会で作るお話です。

展示会は環境が変わってきましたね!
オンライン展示会が出てきたことです。
これからのBtoB企業のマーケティング&セールスを大きく変えていくと思います。
オンライン商談をここ1カ月で3件経験すると、
商談をスムーズに進めるパターンと途中で終わってしまうパターンを見分けるpointがわかりました。
もしもpointを展示会の流れに当てはめたら、
展示会マーケティングがオンラインに変化しているコトで
商談をスムーズに進めるパターンと途中で終わってしまうパターンが出てくると感じます。

実践であるマーケティングとセールスの環境を展示会で作る

なので、BtoB企業は展示会商談がオンラインになった時を考え、
展示会マーケテイングを構築する必要がでてきたこととなります。
オンラインマーケティングもスムーズに進めることができないだけで
商談の範囲が狭まるからです。

現場での展示会商談であっても、その展示会の環境がスムーズでなかったら、
一気にその場で信用を失うこととなります。
パンフレットは受け取っても、顧客の購入のステージに自社の製品を乗せてもらえない。
そこで、載せてもらえないのではなく、展示会のパターンに合わせ商談を進めることができるように
実践するチャンスなわけです。
オンライン展示会に対応することがどう考えても自社の増販増客にとびっきりかかわるのです。
企業のロードマップのフェーズが上がる経験はそんなにないことです。

オンラインがどのようにかかわるかを考え躊躇する前にオンラインの展示会マーケティングを実践するコトです。
オンライン展示会のマーケティングシステムを自社で確立した人と
大きな差がこれから生まれてくることは確かです。

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. さまざまな企業のマーケティング活動の手法のひとつとして用いられるのがサイト

    社員が関わる情報発信を組織型という理由

  2. 製品の存在を心にとめてもらう&何度も見かける戦術

    顧客から問い合わせをもらった時の対応は?BtoB企業の問い合わせ増の戦…

  3. 社内のオンライン化は自分たちが続けやすいことがポイント

    オンラインの社内活動の状況について

  4. 新元号に関すること-マーケティングの視点から-

  5. 会社として広報活動がどうなってほしいのかを伝える

    女性社員に会社広報部として活動してもらいたいとき

  6. 強みにマーケティングをプラスすることができると大きく生産性や情報発信力がアップされてくる

    マーケティング視点を代表だけではなく社員さんにも持ってもらうワケ

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ