展示会集客は基本的な構造の変化が起こっている

スピード感を持ってマーケティングオートメーションを実行できる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

先日、「新商品で自社ブランドを確立したい」「自分だけのオリジナル品を作りたい」
そんな企業の想いをサポートしているFabLab Tsubamesanjoさんの
運営チームミーティングに参加してきました。

参加して感じたのが、オンライン、デジタルの重要性は、どんどん増している点です。
いままでのマーケティングのIT化と言えば、顧客管理をデータベース化、
そして取引経緯を集計するなど顧客環境をわかりやすくまとめるものが大半でした。

現在、顧客のデータを持つことだけではなく、デジタルを使って顧客の流れを生み出すマーケティング活動に
なってきていて、その重要性が増すていると感じます。
弊社のような地域のマーケティング支援会社でも、どんどんと各企業ごとの流れができあがっていくための、
ソフトの開発やネットの環境が加速していくことを感じているトコロです。

一つは、マーケティングオートメーションのデジタルツールです。
営業支援システムとも呼ばれる、受注までの顧客心理変化に対応してセールスを行えるようにするためのソフトです。
いま、打ち出すことのできる製品があれば、企業がマーケテイングプログラムを組むことは可能であり、
スピード感を持ってマーケティングオートメーションを実行できるのです。
もちろん、デジタルツールを活用して、です。

最近立ち上がっている、オンライン展示会などはマーケティングオートメーションを実行するチャンスととらえています。
「展示会場がオンラインだ!?」なんて初めは感じた方もいたのではないでしょうか。
それは、ほぼ営業マンが情報を届けるというシンプルなBtoBマーケティングの基本にはなかったことだからです。
製品やサービスを見てもらい、コミュニケーションを会話によって構築していった手順が
全くなくなってしまったように感じるほどです。
理由は、BtoBマーケティングに欠かせないのが顧客心理段階に合わせて活動することだからです。
今までは顧客心理に“合わせて”セールスを行っていた。
ですが、オンライン、デジタルを活用することにより、
この“合わせて”行うセールスが顧客に合わせるだけではなくなりました。
企業の製品を顧客に見つけてもらう活動がマーケティングオートメーションを使うことで
もっと広く多様になってきているのです。

スピード感を持ってマーケティングオートメーションを実行できる

同じく考えれば、展示会もオンラインになるとしたら、
企業の製品を見つけてもらう活動はもっと広げることができるし、多様化されると考えます。
企業が会社にいながら、製品説明を行う、またその説明はデジタル化されて、
顧客が自由に見に来るイメージです。

ならばということでサマンサハートは、それに合わせBtoB企業が展示会マーケテイングも
大きく変化させることができるようにプログラムを準備&支援を開始しました。

手順を追ってお話を進めていきます。
ということで、今日も明日へつながるマーケティング活動を!

 

******************************************

サマンサハートでは、動画作成、動画マーケティングのサポートも行っています。
また、企業が製品を世の中に送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
そのプロジェクトとして重視されている展示会。
オンライン展示会出展プロジェクトとして自社オリジナルの戦略立案、集客企画、アフターフォローまで
サポートしております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 


【出張講座】展示会・オンライン展示会出展を戦略的に行うための講座、開催中

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 2021年に着実にマーケティング領域を広げていった企業の次の戦略

  2. 売れるしくみの整理とわかりやすい図式化と客観的視点

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その1>

  3. あなたの会社に認知から関心を持つようにワードを使ってキャッチコピーをパワーアップさせていく

    ○○を使うことで「顧客の求める成果を見せる」戦略

  4. マーケティング戦略とは基本相手に伝えることができるようにするstepから

    図式で「売上」を作る、最新マーケティング戦略について

  5. 会社や製品が知られるようにする広報

    メディアの2つの視点とその一つが企業に直接役立つことについて

  6. 新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

    当社の事業計画2020年度を発表しました

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ