BtoB企業がオンラインマーケティングを活用する時の持つべき視点

マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、ウェビナーで情報提供した後に、セールスをする手法が増えていますね。
以前からあった手法ですが、最近オンラインマーケティングを中心に考えると、
実践のリストに入ってくる手法であるのは確かです。

この手法はBtoB企業でもできる手法です。

特徴は、マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができます。
ということは、この手法の中にマーケティングで欠かせない要素が入っていて
自然とクロージングまで持っていくセールスを行っているからです。
ですが、ブログをご覧いただいている企業様はウェビナーからのクロージングになんて惑わされないですよね。

マーケティング活動を実践するだけでセールスなしで受注できていれば、
高額のソフトを購入する必要はないですもんね!
ホント、セールスは大変です。
なぜなら、営業が見込み客を集めて・・・営業が自分でセールスして・・・
営業が契約して・・・できなければ、セールスの責任です。
でも本当は、営業は常に受注をしたいと思っているわけです。

マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができる

ちなみに、ベストなのは、企業が見込み客を集め、セールスにクロージングできる顧客を渡し、
セールスがクロージングをしに行く。
それだけの体制がベストです。
なので、企業様の中には、セールスしなくても売れている企業もいらっしゃいます。
企業に見込み客が「集まる」⇒そして「売る」というより「売れる」、です。

企業に見込み客が「集まる」のはWEBを使って自社サイトに顧客が「集まる」状態にするということ。
サイト内で「売る」のです。
見に来てくれた顧客や見込み客へサイトでこちらから働きかけて、その結果「売れる」ということ。

サマンサハートでお伝えしているのが「売り込まずに売れる」状態に企業がチェンジしていくために、
マーケティングを活用した実践です。
もちろん、実践がもれなくついてきます。

ということで、「ウェビナーは集めるための手段なんだ」、とイメージしていただけたことと思います。
場合によっては、見込み客が集まるBtoB企業に成長するには、
このウェビナーを手段に取り入れて、オンラインマーケティングを実践することとなります。

では、BtoB企業がオンラインマーケティングを活用する時の持つべき視点は何でしょうか。
「売り込まずに売れる」状態になるには「マーケテイングプログラム」がかかせません。
マーケテイングで顧客が集まる設計図を作るという視点です。

製品の生産にかかる際に設計図が必要ですが同じイメージの設計図です。
この設計図は、まずは企業代表が設計することが重要です。
最近企業代表がそのことに気が付き、マーケテイングを取り入れています。
まずは、担当者もマーケティング部も必要ないです。
すぐに実践ができますから!

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

 

******************************************

サマンサハートでは、企業が製品を読み送り出すときのプロジェクトを体系化して
コンテンツとしてお届けしています。
明日から競合と差を生むための情報発信のスタートができるプロジェクトと資料がお手元に。
プログラム化されている&自社オリジナルの戦略が作りやすいコンテンツをご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 当社はアドバイスサービスの基準は、全てテキスト化することにしています

    “成果”と”すこしずつ変化していく明日”

  2. 実績を見直し、売上アップまでのプランを立てる

    実績を見直し、売上アップまでのプランを立てる

  3. さらにマーケティングへの思いが深まり金沢へ

  4. 企画書は、ビジネスの成功への近道!

    企画書は、ビジネスの成功への近道

  5. 技術や製品やサービスなどを相手に伝えるためのコンテンツ

    BtoB企業のオンラインとオフラインのプロモーションにこだわりを

  6. 本格的に戦略を立てたことがない方向けはじめての戦略立案の手順

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ