まだまだ新潟では少ないマーケターの環境とは

マーケティングとセールスの連動には気持ちよく企画が作れる環境作り

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングはよく訪問営業に注力するフィールドセールスと比較されるなー、
って思っています。
同じ実践なのですが、実際に顧客と会うセールスと実践と構築するマーケターでは、
気持ちよく働けるかについて、大きな環境の違いがでてきます。
企業代表もマーケターもしくはセールスマンとして活動していた時を振り返ると
比較できるのではないでしょうか。

でも!違う場合もあるんですね!
先日、そんな話を卸売業A社様にお話ししましたら、
「僕はマーケターもセールスマンも両方を営業マンの時、やってたよ」と言われました。

確かに!
私も営業マン時代には、企画を作り、資料を得意先に伝えたいから作成し、
プレゼンも自分でやって、納品もしていました。
そうそう・・・全部自分でやっていた。
今と環境が違うならWEB、デジタルがほとんどなかった。

振り返って、そんなお話をA社代表にお伝えしたら、
「今は環境が変わったからマーケティングは必須だね」と笑顔で言われました。
といいつつまだまだマーケティングは直接の営業活動ではない営業リスト作成や、
アポ獲得のためのアプローチを“お手伝い”程度になってしまうことが多いです。

関連記事;「戦略って難しい」を簡単に。企業に戦略立案を毎週出し続ける3つのこと

しかし、質のいいフィールドセールスには、必ずマーケテイング活動が存在してます。
以前は比較されたり、分けて考えることがなかったのが事実。
現在は、よい商談に導くため、営業マンと共同で行う戦略の立案が必要であり、
質のいい営業リストの獲得のためのマーケテイング活動が必要不可欠です。
これこそ、マーケティングとセールスの連動ですね!

そしてそのマーケティングとセールスの連動には、気持ちよく企画が作れる環境作りこそ、
企業の社内マーケティングマネジメントのテーマとなります。

マーケティングとセールスの連動には気持ちよく企画が作れる環境作り

卸売り業者A社代表は、

・ストレスのないマーケティングとセールスの連動の仕組

・マーケティングとセールスのお互いが相手のポジションをメリットと感じる

・企画を構築する際に視点を変えるフォーマットとチェンジの環境がある

ことをポイントとしてあげました。
上記はマーケテイング部を社内で作っていくときの要素です。

例えば、マーケターが現場の話をセールスから聞き、企画を構築するなら
アイデアや現状などのデータを集め企画にする作業を
サマンサハートでは「事業方針と狙い」のシートで作り上げていきます。

事業方針と狙いシート

現状の課題を解決する流れで企画が構築されていくからです。

マーケテイングが社内に部として存在する利点は、これまで営業が行っていた
見込み客作りとアポ取りまでをマーケテイング部が行い、
営業マンはアポ訪問に行くだけという理想の状態を実現します。
結局のところ、比較されるのでなく、協力して顧客の構築をしていくのだと感じます。

社内でマーケティングが動く実践型の環境をつくってみませんか。

 

******************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築と実践時における実践型マーケティングの
社内構築のサポートをお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

 

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 女性マーケットを知って戦略を考える

  2. 企画立案を全社員6名が顧客となる美容室向けに2企画づつ立案その80%となる9企画が納品決定

    美容ディーラーがマーケティングを受け入れた成功事例

  3. 事業計画書は、大人には考え付かないような面白いアイディアばかり

    吉田北小学校講演会

  4. 強みにマーケティングをプラスすることができると大きく生産性や情報発信力がアップされてくる

    マーケティング視点を代表だけではなく社員さんにも持ってもらうワケ

  5. 実績を見直し、売上アップまでのプランを立てる

    実績を見直し、売上アップまでのプランを立てる

  6. BtoB企業のイベントでの顧客との協力な関係作り

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ