顧客心理段階に合わせた提案を企業が体系化できるかについて

マーケテイング活動をする全体の俯瞰が顧客拡大を行うポイント

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日はマーケテイング実践勉強会が開催されました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

BtoB企業のマーケティングは
・検討期間が長く
・案件の決定者も多い
のが特徴です。
こういった企業の体系は営業のプロセスを長くしています。
また、複雑にもしています。
そのために、属人的と言われる営業活動しか行えない状況があります。

セミナー内では、その現状を理解しta

としても、急に組織を変更することができないため
矛盾を抱えている企業がいることもわかりました。

となると、まずは現状を企業につたえることと、
新たな改革に必要となっている組織の構築が大事となります。
また、組織の構築も単に変更するのではなく、体系化されたものに変更することになります。

マーケテイング活動をする全体の俯瞰が顧客拡大を行うポイント

先日、セミナーのテーマであったリサーチについて企業A社様にあることをお聞きしました。
なんと回答は「よし、やってみようか」だったのです。
BtoB企業において、一番のボトルネックとなるのは
企業の上層部がセールスとマーケティングを同時に1フォーマットで考えている、です。

関連記事;社員からのマーケティング企画を精査するときの注意点

このA社様は営業マン人数は10名以上いらっしゃり、企画なども行い顧客体制も整っている企業様です。
細かく言えば、一部に人い頼った営業をしているという点があることは課題です。
そこで、マーケテイング活動が重要となります。
中小企業の場合、マーケテイング活動は営業マンが行う活動となっているからです。
どうしても、セールスとマーケティングが同じ人物が行うために
顧客がどこまでセールス段階を上がってきているのかを俯瞰できないのです。
それは体系化できていないことにつながるわけですが、
やみくもに体系化されているITツールを活用しても使いこなせないなどの弊害も出てきます。
会社としては、「使いやすいようにツールもそろえているのに」と言うトコロです。
A社様代表は、マーケテイング活動をする全体を俯瞰できたことがリサーチから顧客拡大を
行うポイントとなったのです。

こういった状況を企業自身が理解できるかによって、
企業が顧客から選ばれた理由が見えてきます。
一番の決定pointである「どのように課題を解決してくれるのか」と言う点を
自社がどれだけデータとして持っているかが重要となります。
本当は、皆さん持っていらっしゃるわけでして。

関連記事;認知されるまでの顧客心理と企業の準備

ここから先は、「どのように課題を解決してくれるのか」と言うプロセスを
マーケティング行うことについてブログにアップしていきたいと思います。
特に、「インサイド」のキーワードで、マーケティング活動を心とさせるための
ポイントを書いていきたいと思っています。

 

************************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築時における製品力の課題での「見逃しな自社の強み」から
販売促進実践への進行のサポートをお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

 

**********************************

BtoB企業の戦略変化させるマーケティング戦略立案と実践を学ぶのは超おすすめです。

\新型コロナウイルスのため、自社の活動が制限されている皆様へ/
今、どんな準備をしていますか?これから何をしなければいけないと考えていますか?
自社で、今どのように動くか、今後の活動のための準備等、今だからこそ社内で行える活動があるはずです。
特に外部セミナーや勉強会に参加できない…という方は、ぜひこちらをご活用下さい!!

 

***********************************************

当社の新型コロナウイルス対策は以下をご覧ください

 

 

関連記事

  1. 企画立案を全社員6名が顧客となる美容室向けに2企画づつ立案その80%となる9企画が納品決定

    美容ディーラーがマーケティングを受け入れた成功事例

  2. プロセスが会社に残り安定して集客できるようになる

    見込み客を集め受注につなげるBtoB企業の集客方法について

  3. マーケティング戦略の提案は製品力の強化戦略

    オンライン強化で弱まる製品力を強くするには

  4. イベントマーケティングの認知度が上がってきた

    イベントマーケティングで企業が後悔した3つのポイント

  5. 多様な人材を動かしていく中で、どのようにコミュニケートしてリーダーシップを取っていくのかが課題

    BtoBマーケティング時代の勉強のさせ方

  6. ホームページからも受注が来る。SNSからも問い合わせが入る。

    ホームページやSNSで顧客増をお考えの企業様へ、ここから初めてみません…

参加申込受付中のセミナー

無料メルマガ配信中

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ