オンライン強化で弱まる製品力を強くするには

マーケティング戦略の提案は製品力の強化戦略

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日、コンテンツに関する事業を行っている代表にコンテンツに関係する
現状をお聞きしました。
公的機関は新型コロナウィルスの感染対策を行っているので会議などは廃止されている、また、
企業は、急遽オンラインビデオツールやチャットツール等のネットを使った会議ができるように
整備をはじめている、とのこと。

そんな中、社内業務が緊急事態宣言延長方針などで日々の業務が振り回されてしまう状況も見えてきました。
みなさんが組織について注視している状況です。

そこには、まったく別な新たな課題が浮彫になってきています。
オンライン強化で起こりがちな課題があったのです。
・顧客とのコミュニケーションが取りづらい
・依頼などに関する新しいシステム使用方法に関する余計な時間を割くことになる
・業務改善についてできていないことが多くお互いが何をしているかが見えない
などです。

マーケティング戦略の提案は製品力の強化戦略

これにより、本来の製品力をアップさせる時間が削られているのです。
先日も製造業A社様に訪問させていただいた時のことです。
A社様は技術力が高く製品のラインナップが豊富であることが評判です。
これまで技術をベースとした製品力を企業のブランドとしてきました。
しかしここ数カ月は、製品の受注数も減り社員は社内のオンライン整備活動を中心に行っています。
確かにオンラインへのシフトは社内業務として重要ですが、製品が売れなければ意味がありません。

関連記事;企業が顧客に選ばれる5つの要素

そこで弊社からのマーケティング戦略の提案は製品力の強化戦略としました。
A社様の技術力をカテゴリーに分け、さらにいくつかの顧客ニーズとクロスさせ製品力をカテゴライズしました。
そして、利益率の高い製品だけのグループを作り新製品グループとして販売することで、
すでに飽和している製品力や顧客に向けてのアプローチで成果へつなげる戦略としたのです。

美容室収益アップ&スタッフ技術ロジックツリー
ダウンロードできます。
美容室の技術をロジックツリーにしたものです。
参考になり、ご活用いただけましたら幸いです。

 

 

いつも見ている製品の魅力はいつの間にか社内業務を行うことで薄れていただいたことに
A社様は「気が付いた」とお話くださいました。
単に「プレゼン方法を変更しただけじゃないの」と言われれば、確かにその視点はありますが
ポイントは社員の製品に対する想いを自社の製品分析で引き出したのです。

製品力強化に製品分析を使うことは多く、
・自社の製品の良さを知っている状況が作れる
・製品を作る過程の見直しと情報発信のネタとできる
・自社製品の目利きを自社自ら行うことでコンテンツが強化される
ことが分析に対する成果になります。

そして、情報発信や販売に活用し受注体制の強化につなげていきます。
今回のA社様の場合は、この分析により出てきたコンテンツを自社サイトに載せることで
同業者との差別化にもなりました。

************************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築時における製品力の課題での「見逃しな自社の強み」から
販売促進実践への進行のサポートをお届けしています。
サポート内容・戦略提案は複数、柔軟にご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

マーケティングとプロモーションで戦略立案と実践を支援します

関連記事

  1. 企業が自社のこれからをテーマとして見つけていくためにもリサーチは活用

    「共感できないと集客ムリ」といわれた?アンケートは社員からも集めよう

  2. 進化が早いマーケティングを上手に活用するコツ

  3. 製品の良さとその製品を扱っている企業を認識してもらうため

    新製品立ち上げ時の、BtoB企業の製品コンセプト作り方

  4. ドメイン(事業領域)決定時の判断基準には名刺を整理することでできる

    BtoB企業の展示会出展後の裏ワザ

  5. 自社の常識に縛られていていたら分からなかった真空マーケット

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

  6. BtoB企業のクチコミは存在するものなのか?

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ