BtoB企業が最近、マスメディアを使って広告するワケ

情報を求めている顧客に 対して情報発信を していくこと

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、コンテンツのブログを書いていますが、コンテンツ=文章の作成、というイメージが強いと最近感じています。
ここには売り込み色を出さない方がいい、という情報の存在があるからだと思っています。

それに対して、マスメディアを通した広告は売り込み型。
新聞折込の広告も売り込みと考えて、チラシの作成を行います。
確かに、チラシの中にも文章が入るのでコンテンツだとは思いますが、
マーケティングの発想はこれとは異なります。
コンテンツマーケティングの視点では、
情報を求めている顧客に対して情報発信をしていくことになるからです。
一方で、マスメディアは不特定多数の人に対しての情報発信。
BtoB企業のターゲットとする顧客にたどり着くことからほど遠くなる、ってイメージありませんか?
ですが、最近、特定のそして一般消費者と直接つながらない業態をとっている企業だとみえているのに
メディアを使っている、と感じませんか。
「あれ、この会社、お客がここからとれるのかな?」と、広告やTVコマーシャルを見て思ったことは
ありませんか?

ここには認知拡大や、支援型提案が存在しています。
顧客にも、いきなり売り込むと拒絶されるが、製品が市場で認知されていたら、
購入するための手伝いを企業が行っているとう考えです。
そこにブランド価値が高まっていたら、最終的に売り込んでも顧客から喜ばれることになるわけです。

情報を求めている顧客に 対して情報発信を していくこと

どんどんと情報が流れてくる今日において、消費者を支援している社会貢献型の支援をしてくこととなります。
これってかなり有効です。
企画をきちんと構築する必要はありますが、SDGsの企画を作る時にも大きくかかわります。

話は飛躍しましたが、
「企業が伝えたいこと」と「消費者が知りたいこと」のギャップを埋めることにより
支援している体系が顧客に対して信頼関係を構築できる。
この構築の一つの活動として、消費者にも認知拡大できることを考えると、メディアの活用は必然的行動となるわけです。

***********************************************

今回、コンテンツマーケティングについてお話を進めていく中で事例を紹介してきたいと思っています。

自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー

自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー 3/11
※この度新型コロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、
セミナーをWEB配信に切り替えさせて頂きます。

開催に伴い、どなたでも無料でご参加頂けます。
詳しくは上記のセミナー案内ページをご覧ください。ご参加お待ちしております。

********************************************

「イコンテンツマーケティング」まとめ記事

コンテンツを間違っていたら、イベントで集客するほどダメになった

結果が出せるマーケティングなら実践できる

もっと、「コンテンツマーケティング」まとめ記事はこちら

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

関連記事

  1. 一般の消費者にお会いすることからどのように戦術が展開されていくのかその詳細

    BtoCビジネス化に企業が取り組む時のpoint

  2. 業務時間を短縮し、マーケティング力を身に着ける3つのポイント-3

  3. 今は情報発信が1回ではダメな理由

  4. たくさんの視点の中でビジネスモデルをつくり上げている

    トップから学んだマーケティング戦略の環境

  5. 会社や製品が知られるようにする広報

    メディアの2つの視点とその一つが企業に直接役立つことについて

  6. スタッフは自分が勤めている会社のことは知りたい

    当社の事業計画発表はオブザーバー付き!

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ