プロジェクトが企業の利益を生み出す!社内の成功循環を作る時のポイント

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「企業の動きが止まってしまう!」
・・・今様々な情勢の中で、そのように感じている方も多いのではないでしょうか。
だからこそ、「今」動くことが重要となっているんだなと、感じています。

そこで、サマンサハートからバージョンアップしたご提案をさせてください。

そのご提案とは、
これからはプロジェクトの考え方や情報をいったんリセットして、新しいプロジェクトスタイルに取り組んでいく
ことです。
新しいプロジェクトスタイルとは、
『受け入れ型』ではなく
顧客へ「的確な操作方法による使用法」と「ベストな製品選択」をアドバイスする『提案型』。
以前より企業が持っている機能や技術を提案することで利益を出していく企業戦略です。

日本だけではなく、世界でも使われているので、知っている企業が多いはず。
でも、今まで企業が本気で取り組んでいない戦略でもあります。
理由は、技術力が素晴らしく、それだけで仕事ができたから。
しかし現在は技術力も動画で比較ができるほど、顧客側の選択が優位になっています。
もともと持っている企業の顧客に対する業務スタイル、要望などを考えてあげることのできる力を
企業は持っています。
その力を使う時が本当にやってきたのです。

その顧客のための提案を、使いやすく確実な方法で、助けになる企業製品やサービスとともに
明確に伝えることが新しいプロジェクトスタイル=提案型です。

でも、提案に慣れていない企業がほとんど。
そこで、「自社には向いていない戦略なんだ」と諦めてきた企業が多いのです。
プロジェクト自体は、OEMなどで以前からやっている活動。
提案型のマーケティング活動にするだけで、利益を生み出す戦略に生まれ変わります。

そこで、なにをするのか、どう取り組むのかが大事です。
以前からやっている活動だといわれても、技術の提供と企画の提案が同じだとする根拠と
そのシステムを聞きたいはず。
企業なら、いままで以上の結果を求めるワケですので、何を明確するのかなど
ポイントをおさえたほうがいいわけです。
明確にするべきなのに、はっきりしていないことに
・製品やサービスを売るためにプロジェクトを組むこと
・顧客がどこにいるのか、継続の受注ができること
この2つは、提案型企業としてプロジェクトを組む前に明確にしておきたいところです。

プロジェクトノウハウを受け入れ、自社で活用することがすぐにできることになります。
この活動で企業の発想が変わると社員の行動が変わります。

そこで、本来置き換えだけでできることを、新しい戦略としてご提案しています。
いまこそ、時間があるうちに、提案型企業にシフトすることをお勧めします。

************************************

新しいプロジェクトスタイルに取り組む企業のための手順を、
コンテンツ(マーケティングプログラムと、体験版)として準備しました。
すぐに御社で実践することができます。

▼詳しくはそれぞれのボタンから、ご案内ページをご覧ください▼

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

 

"</p

 

関連記事

  1. マーケティングが実践されたとき、自社サイトでどのように表現するか

  2. 顧客から「役に立つな」と思ってもらいやすい文章が作れます

    自社の”強み”について自社らしく計画書に書く方法

  3. 売るための作戦・仕組みで作るべき戦略は4つ「CTPT」

    ‟単なる値引き”と‟受注までの無駄な時間”をなくすBtoB企業技術の見…

  4. 既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

    新規契約獲得のためのアプローチ手法として企業が最近取り入れた視点

  5. 活動を行っていくことでマーケティングの問題を解決する実践

    なぜマーケティングは動かないのか、考えてみる

  6. 現実可能かどうかはさておき集客する売る顧客に知らせるにはどんな方法があるのかをたくさんリストアップ

    かしこい人のマーケティングを取り入れるタイミング

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ