問い合せがくる企業ブログは書けるのか?コンテンツマーケティングの結果報告

見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログの正しい書き方

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

最近、BtoB企業ブログ構築のお手伝いをさせていただいています。

この企業様から初段階でいただいた質問があります。
「見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログの正しい書き方は?」
です。

改めて考えたいのが、見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログなるものが存在するのか?ということです。
本当に企業の求める見込み客がブログからやってくるのでしょうか?

たまたまなのか、必然なのか、とっても良い事例をここでご紹介できることをうれしく思います。

見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログの正しい書き方

その事例とは当社の例です。
サマンサハートはしばらくの間、ブログの更新を毎日行いました。
理由は実証したいことがあったからです。
その実証したいこととは、コンテンツマーケティングで会社の様子がどれだけ変わるのかということです。
現在コンテンツマーケティングという言葉があるように、企業からの情報発信はメジャーとなりました。
企業がサイトから情報を発信することに大きな意味があるといわれています。
そこで、情報発信で会社の様子がどれだけ変わるのかを確認する意味でブログ更新を毎日行ったのです。

するとに、毎日の閲覧数は大きく変化していきました。
5か月前と比べると約2倍の数字です。
この数字を支えてくれるのは、現顧客やサマンサハートを知っている方々。
なぜ、見ている顧客がわかるかというと、ブログを1日休むと閲覧数が下がるからです。
そこには、オウンドメディアを活用した一連の情報発信の流れを見ることができました。
ブログを更新する

SNSでリンクする

サイトを見る
という流れがわかり、傾向も見えました。
その傾向とは、ブログは認知されている顧客や個人という状況の中で、SNSを活用すると読まれている、です。

では、傾向がわかったところで、このブログのはじめの質問である
「企業からの質問である見込み客が問い合わせをくれるブログ」になっているのか?についてです。
結果としてわかったのは、ブログが見込み客を呼ぶことはない。
ブログを書いたからと言って、「ブログを見て問い合わせしました」という案件はなかったのです。
ただし、ブログを書くところから流れを作り、いろいろな戦略を立てることができることがわかりました。
その理由は、サイトのデータからです。
データの中に閲覧数がとびぬけて高い日が数日あったのです。
ブログの題名が「ん?」と思ってもらえるきっかけとなり、読んでいただく人がたくさんの日(ブログ)があったということです。

ここで勘違いしてはいけないなーと思ったことが一つあります。
ブログ=オウンドメディアではない、ということです。
ブログを書いただけでは、見込み客が問い合わせをくれるわけではないからです。
確かに、ブログの文章が重要です。
ですが、コンテンツが重要だといわれるように、ブログの中身が読んでもらえるかのポイントとなります。

さらにオウンドメディアにはブログなどからSNSを活用し一連の流れを経て、問い合わせがくるという利点があります。
しかし、ブログを書いているからと言って、それだけではオウンドメディアではないのです。
企業がオウンドメディアを活用するなら、ブログを書き、情報を配信する。
さらにブログはきっかけであったとしても、
関係性を持ちたい企業から問い合わせをもらえるコンテンツとその流れを含んでいるといえる。
だとしたら、本来のオウンドメディアに立ち戻り、ブログの中にも、またその先の情報ページにも
ターゲットを集客できるコンテンツを含んでいることが重要と考えるのです。

明確なマーケティングプログラムが見えてきたことからさっそく、企業様に対しても、
また実験した当社も、コンテンツの目的と発信手法を変更いたしました。
さらに企業からの問い合わせをもらうコンテンツについても変化させていきますね!

*↓↓↓*******************************************

今回、上記のデータも事例として含め、情報公開していきます。
情報公開はセミナーで。
コンテンツマーケティングについてお話を進めていく中で事例を紹介してきたいと思っています。

自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー

自社の広報成果を高めるWEBコンテンツ活用セミナー 3/11

 

********************************************

「イコンテンツマーケティング」まとめ記事

コンテンツを間違っていたら、イベントで集客するほどダメになった

結果が出せるマーケティングなら実践できる

もっと、「コンテンツマーケティング」まとめ記事はこちら

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

 

関連記事

  1. コンテンツを使ってマーケティング活動をすることで営業の支援をする

    コンテンツマーケティングは言うなれば見込み客獲得と営業の間の存在

  2. 「なるほど!」はリピーターを増やす

    コンテンツとマーケティングが連動している件

  3. 今まで顧客ではなかった新規顧客獲得に目を向けた企画がコラボでは有効

    見込み客を作りだす今ドキの集客企画のフック

  4. 上手くいく集客の仕組みづくりの進め方

  5. 売上を上げるためだけのホームページやネットショップ?

  6. より明確に新しい市場や新規顧客を見つけることができる

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ