「女性のこころを掴む商品と販売戦略セミナー」の様子と感想

こんにちは!
集客企画プロジェクトマーケティング
株式会社サマンサハート マーケティング部の高橋夢乃 です。
本日のブログはスタッフブログです!

先日2月11日は、毎月開催しているSHマーケティング実践勉強会でした。
今月は「女性のこころを掴む商品と販売戦略セミナー」
消費の中心である「女性」に対して、どのような商品や販売戦略を出していくと良いか、
顧客心理も踏まえた内容でした。

そもそも、「SHマーケティング実践勉強会」って何?
ということで、初参加の方からご質問を頂きましたので、
ここで少しご紹介します!

=====================
「SHマーケティング実践勉強会」は、
毎月第2水曜13:30~開催されるマーケティングセミナーです。
SHは・・・サマンサハートの略です(それだけ)
毎月様々なテーマで開催をしているので、
毎回違う視点で自社や自社商品を見ることができたり、
いろんな販売戦略や手法を学べたり、成功事例をしることができたり、
自社で取り組むマーケティングが沢山習得できます!!
マーケティングは、知識だけでなく、実践が必須。
セミナー参加者にはアフターフォロー(セミナー後、後日1時間面談)が付いてくるので、
セミナーで学んだ内容を実践に落とし込めているか、講師とアフターフォローでチェックしていくこともできます。
またセミナー内容の再確認、もっと詳しく聞きたかったこと等、参加者の振り返りにもなります。
会社経営者、管理職、営業職の方を中心に、売上増をや集客を実現させたい方にオススメな実践型セミナーです。
=====================

はい、こんな感じで、今ではBtoBの企業を中心にご参加頂いております!!
※ちなみにサマンサハートのマーケティングサポートをご利用の方は、無料でご参加頂けます。

 

今月のSHマーケティング実践勉強会
「女性のこころを掴む商品と販売戦略」セミナーの様子をご紹介します!
まずは、
・女性消費者の6パターン
・女性とビジネスとの関係
・働く女性の方向性
・女性は環境が整っているものに反応する
など、女性の特徴や販売に活かすことができる内容を学びました。

セミナー参加者

その後、実践的なワークとして「コンセプト設計」を行いました。
コンセプト設計とは、自社商品(もしくは自社サービス)を、
「意外性」「具体的」「信頼性」などの項目に分けえてまとめていくものです。

ワークを実施することで、
「女性視点」を取り入れた商品の売れる戦略をたくさん見つけ出すことができました。

 

参加者よりアンケートを頂きましたので、
一部抜粋してご紹介します!

*即実行してみたいこと*

~~~~~~~~~~~~~
コンセプト設計について、
女性がわかりやすく単純だけど
意外性、具体的、感情に訴
かける
物語性などがあるように設計し てみたい。
~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~
次回のイベントで、本日考えたPOPなどを作り
提案していきたいです。
~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~
「コンセプト設計」を使って、
チラシやイベントの対応をします。
~~~~~~~~~~~~~

*セミナー全体の意見や感想*

~~~~~~~~~~~~~
女性が買い物をする時の特徴が分かりました。
自分の仕事にも生かしていきたいです。
~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~
分かりやすく、楽しかったです。
~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~
女性がどのような特徴を持っていて、
商品サービスをどのように選んでいるのか
分かりやすく事例などもあってよかった。
~~~~~~~~~~~~~

ご参加の皆様、ありがとうございました!!

来月は3月11日開催です!
ご参加お待ちしております。

 

***********************************

▼社員に「マーケティング視点」を。社員がマーケティングを実践型で身に付ける社内勉強カリキュラム▼

***********************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

***********************************

 

"</p

関連記事

  1. 似ているからこそ比較対象のコンテンツは作りやすくなる

    どれだけ「他社との違う会社だ」と表現する方法

  2. 会社として広報活動がどうなってほしいのかを伝える

    女性社員に会社広報部として活動してもらいたいとき

  3. パンフレット(=紙)なのかまたはデジタルツール(=オンライン)なのか

    展示会で紙媒体とデジタルツールでは、受け取り側は使う場面が違っていた

  4. 顧客の心理を組み込んだページを作るにもアンケートデータが使える

    顧客分析とその対策はマーケティングを通して行える

  5. プロダクトアウトからマーケットインの考えに移行してもらい価格の打開策案を出す

    製品やサービス&価格決定後に、いまさらながらマーケティングプランに悩ん…

  6. 顧客に対して提供する&他ではまねができないその企業オリジナルの強み

    製造業を中心とした企業におけるここだけはいつもぶれないという戦略とは

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ